ジャンル
琉球菓子
主な材料
おから、小麦粉

沖縄の祝い菓子のサーターアンダギー

沖縄方言で「サーター」とは砂糖、「アンダギー」とは揚げ物を意味します。また、生地が割れている部分が笑ったように見えることから縁起が良いといわれ、結納や祝い事には欠かせないお菓子です。

今回は、おからパウダーを加え、砂糖を減らし甘さ控えめの低カロリーレシピをご紹介します。おからパウダーは、食物繊維が豊富な食材。血糖値の急上昇を防ぐ働きがあります。

1口サイズで1個80Kcal なので、カロリーが気になる方にもおススメですよ♪

◆1個分の栄養価:エネルギー80kcal たんぱく質1.3g 脂質4g 炭水化物9.7g 食物繊維0.9g 食塩相当量0g
サーターアンダギーおから入り栄養価計算表

材料(直径3㎝×約22個分)

材料
分量
A.小麦粉
180g
A.ベーキングパウダー
小さじ1
A.おからパウダー
25g
B.グラニュー糖
80g
B.卵(M)
2個
大さじ1
揚げ油
適量

手順一覧

1

A.をふるいにかけておく。

2

ボールにB.を入れ、泡だて器で混ぜ、油を加え軽く混ぜ合わせ、A.を加え下からすくい、切るように木ベラで15回くらい混ぜる。全体が混ざったら、ラップをして、冷蔵庫で約30分寝かせる。

3

手に油(分量外)をつけ、生地をスプーンですくい、直径約2㎝の団子状に丸める。

4

揚げ油を160℃に熱し、油が温まったら静かに入れ揚げる。

5

生地が浮き、表面に割れ目ができたら、菜箸でくるりと1回転させる。少し色が付いたら1個取り出し、竹串を刺して生地がついていなければ出来上がり♪

ポイント

冷蔵庫で生地を寝かせることで、生地が安定します。
生地を混ぜすぎると硬くなるので、粉類を混ぜた後は混ぜすぎないようにしましょう。
★生地は1.5倍に膨れるので、揚げる前の生地は2㎝くらいの大きさがおススメです。
★揚げ油に入れ、揚げ始めたら、浮いてくるまで触らないでおきましょう。
★レシピはMサイズの卵を使用していますが、卵の分量で生地が柔らかすぎる場合があります。作り方3.で生地が柔らかすぎる場合は小麦粉で調整してください。

参考コラム

琉球菓子の魅力や種類等についてご興味ある方は、以下もご覧ください♪

沖縄グルメ×糖質の選び方

沖縄グルメからみた糖質の分類、血糖値の急上昇を防ぐ選び方のポイントについて興味のある方は、以下もご覧ください♪

他の沖縄スイーツについて

他の沖縄スイーツについては、こちらもどうぞご覧ください♪




– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. 旨辛麻婆干し茄子レシピ☆

  2. 冬瓜と赤海老のスープレシピ*冬瓜のくちどけと海老のプリプリ食感が美味しい!

  3. かぼちゃと押し麦のリゾット♪ハロウィンの食卓にも【料理/食文化研究家レシピ】

  4. 麻婆白菜!ピリ辛風味で白菜消費レシピ♪【管理栄養士レシピ】

  5. 浜農家ヒラモト・キャベツと菜の花のパスタレシピ【YOKOHAMADry乾燥野菜農福連携】

♬レシピ動画♬

  1. 島野菜フーチバー(ニシヨモギ)の万能ジェノベーゼソース♪レシピ動画♪

  2. 島かぼちゃの簡単ムース♪材料3つ島野菜スイーツレシピ動画

  3. ♬レシピ動画♬喫茶店風固めプリン*おうちで作れる

ピックアップコラム

  1. 様々な冬野菜の栄養とおすすめの食べ方~旬の時期に食べたい!お薦めレシピ~

  2. 沖縄の器【やちむん】を知って毎日の食事を楽しむ3つのポイント[沖縄料理研究家コラム]

  3. 『拒食症-摂食障害』ー栄養カウンセリング・食の悩み相談事例【薬剤師コラム】