調理時間
30分
主な栄養素
食物繊維

沖縄土産の定番「ちんすこう」は、琉球王国時代から伝わる伝統的なお菓子の1つです。
本来は、豚の脂(ラード)や小麦粉を材料とするのですが、今回は、おからパウダー、小麦粉、サラダ油で作る『甘さ控えめな手作りちんすこう』をご紹介します。

おからパウダーの主な栄養素は、血糖値の急上昇を防ぎ、腸内環境を整える働きがある食物繊維を含みます。お菓子を控えている方も、砂糖は市販品より少なく、おからパウダー入りならヘルシーですね。粗熱が取れた出来立ては、ホクホク感もあり美味しいですよ。短時間でできるので週末のおやつタイムにでもお試しください。
お好みで、胡麻や紫芋パウダーを加えてもおススメです♪

(プレーン味1個分の栄養価:エネルギー52kcal たんぱく質0.8g 脂質2.8g 炭水化物6.5g 食物繊維1.1g 食塩相当量0.1g)
おから入りちんすこう栄養価計算表

材料(約15個分)

材料
分量
A.小麦粉
80g
A.おからパウダー
30g
A.塩
ひとつまみ
A.砂糖
20g
サラダ油
40~50g
お好みで胡麻や紅芋粉など
各大さじ1~

手順一覧

1

ボールにA.を入れ混ぜ合わせる。

2

1.に油を回し入れ、ヘラで混ぜ、ある程度混ざったら手で丸め、ひとまとめにする。(お好みで味を付ける場合はこの過程で生地を分け、胡麻や紅芋粉など加え混ぜ合わせる)

3

生地を約15個に分け、お好みの形に成形し、オーブンシートをしいた鉄板に並べる。

4

予熱したオーブン150℃で約20分焼く。

5

粗熱が取れたら鉄板から取り出し、お皿に盛り出来上がり♪

ポイント

★大豆アレルギーの方は、おからパウダーを抜き、小麦粉110gへ変更してください。
★焼き立てはとても崩れやすいので、粗熱が冷めてからオーブンシートから取り出しましょう。
★オーブンは、メーカーによって多少焼き具合が異なります。様子を見ながら焼いてみてくださいね。

ミニコラム

便利な「おからパウダー」とは!?

今回使用したおからパウダーは、乾燥したおからです。乾物なので、常温保存ができ、とても便利な食材です。大豆が原材料なので、良質なたんぱく質、食物繊維は水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維の両方を含み、腸内環境を整える働きがあります。現代人に足りない食物繊維をプラスすることで、お菓子でも罪悪感が少し減りますね♪
おからパウダーの使い方ですが、水を加えると生おからのように使えます。また、ひき肉料理に加えるとパサパサ感が気にならずに取り入れられますよ。食物繊維が足りない方は、普段の食事にプラスするのがおススメです♪

ご参考コラム

琉球菓子に関するコラム『琉球菓子の魅力・種類-現代の沖縄に伝わる-』もご参考ください♪

おすすめ!?レシピ

  1. 栗とさつまいもの米粉おやき♪

  2. 鶏ひき肉×豆腐のふわふわチキンナゲット♪BBQソース【管理栄養士レシピ】

  3. おかかハムチーズのホットサンド<かつお節レシピ>

  4. アボカドとロミロミサーモンのカナッペ♪

  5. ナーベーラーンブシー♪ヘチマの味噌煮【沖縄料理研究家レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬喫茶店風固めプリン*おうちで作れる

  2. ♬レシピ動画♬鍋・火・茹で不要!レンジでかぼちゃのクリームパスタ【管理栄養士レシピ】

  3. ♬レシピ動画♬簡単・時短豚もやし

ピックアップコラム

  1. 体調も美容も整える*夏薬膳3つのポイントとおすすめ食材【国際薬膳師コラム】

  2. 食品ロスをふせぐ!食材保存方法と長持ちさせるポイント【管理栄養士コラム】

  3. 乾燥肌の予防と対策・必要な栄養素とは?【薬剤師コラム】