郷土・地域別

沖縄伝統菓子チンビン(黒砂糖入りクレープ)冷めても◎糖質30%OFF【沖縄料理研究家レシピ】

調理時間
10分
主な食材
小麦粉,餅粉,黒砂糖

沖縄の黒糖を使った伝統菓子チンビン。沖縄県が琉球王国だった頃、薩摩の殿様に献上したともいわれている琉球菓子のひとつです。その後、どの家庭にも黒糖があり、「一番簡単に出来るオヤツ」として作られてきました。現代では、旧暦の5月4日(ユッカヌヒー)に作る伝統菓子です。

原材料は、小麦粉と黒糖なので少し糖質が多め。今回は、糖質がきになる方にも、安心して食べられるように、従来のレシピより糖質を30%カットし、モチモチ食感で冷めても美味しいレシピをご紹介します。

(1枚分の栄養価:エネルギー284kcal たんぱく質2.8g 脂質13.5g 炭水化物36g 食物繊維0.6g 食塩相当量0.1g)
巻き餅(チンビン)アレンジ栄養価計算表

材料(直径15cm6枚分)

材料
分量
A.小麦粉
150g
A.もち粉
50g
A.ベーキングパウダー
小さじ1
B.粉末黒砂糖
70g
B.熱湯
50ml
C.水
200ml
C.油
小さじ1
適量

手順一覧

1

耐熱の計量カップ等にB.を入れ、よく混ぜ、黒糖を溶かし粗熱をとる。

2

ボールにAを加え、粉類を均等に混ぜ、C・1を加えよく混ぜ合わせる。

3

フライパンに油をしき熱し、油が温まったら中火にし、お玉1杯分の生地を流し、お玉の裏で軽く広げ、生地の形を丸く整える。

4

生地の表面が乾き空気の穴が出始めたら裏返し、蓋をして弱火で約3分焼き、まな板の上に取り出す。

5

粗熱が取れたら、手前から巻き、巻き終わりを下にしてお皿にのせ出来上がり♪

ポイント

★黒糖は、溶けやすい粉末タイプがおススメです。固形黒糖を使う場合は、少し砕いてから鍋に入れて溶かすとよいですよ。

★当日食べる場合はラップなどに包み乾燥しないようにしましょう。冷蔵保存した場合や、翌日食べる時は、レンジで600W20~30秒温めるとモチモチ食感になります。

参考コラム:琉球菓子の魅力・種類

おすすめ!?レシピ

  1. モーウイ(赤毛瓜)のもろみ酢の物〈沖縄県レシピ〉

  2. ぷるぷるチアシードココナッツプディング♪5分で簡単美腸にも!

  3. 塩こうじ×味噌×はちみつの万能ソース☆

  4. シンガポールチキンライス(海南鶏飯)♪炊飯器で簡単!【管理栄養士レシピ】

  5. 甘酒と豆乳のフレンチトースト*

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬簡単・時短バンバンジー

  2. ♬レシピ動画♬ふわふわ食感の雲パン♡

  3. ♬レシピ動画♬時短♪キャベツの豚バラ巻き