調理時間
25~30分程

チールンコウとは、琉球王国時代に中国のから伝わり、お祝い時に食べられていた代表的な蒸し菓子で、沖縄風の卵カステラです。
普通のカステラと違う点は、生の落花生を食紅で着色し、琉球菓子のキッパンを刻んで入れるので、柑橘類の爽やかさ、ピーナツの香ばしさで味わい深いのが特徴。

琉球菓子のキッパンとは、沖縄の柑橘類(カーブチーなど)を砂糖で煮た伝統的な琉球菓子。沖縄県内でも一つの店舗でしか販売されておらず、なかなか手に入らないのもの。

そのため今回は、一般的に手に入りやすい食材で味を再現しています。キッパンはマーマレードジャムで代用。さらに落花生は、秋が旬で生の落花生は手に入りづらい食材のため、煎り落花生を使用し、チールンコウの特徴の赤色は、味に影響しない赤パパイア缶詰で代用しました。

どの家庭でも手に入りやすい材料を使用し、簡単版チールンコウのレシピをご紹介します。
(1人分の栄養価1/10切れ:エネルギー155kcal たんぱく質3.8g 脂質4.9g 炭水化物18.6g 食物繊維0.8g 食塩相当量0.1g)
簡易版チールンコウ栄養価計算表

使用する調理器具

クッキングシート
アルミパウンド型 長さ18cm×幅8cm×深さ6cm1本分 又は直径5㎝の耐熱紙カップ3個
泡だて器
ヘラ
蒸し器
竹串

材料

材料
分量
生地の粉:A.小麦粉
150g
生地の粉:A.グラニュー糖
30g
生地の粉:A.ベーキングパウダー
小さじ1
生地の粉:A.塩
小さじ1/4
全卵(M)
2個
卵黄
1個
B.マーマレードジャム
大さじ2
B.サラダ油
大さじ1
煎りピーナツ(無塩)
大さじ1~
赤パパイアのシロップ漬け缶詰(又はさくらんぼ缶詰3個)
大さじ2

手順一覧

1

アルミパウンド型に合わせ、クッキングシートをカットし、アルミパウンドにひく。

2

ピーナツは軽く刻む。赤パパイアは小さくカットする。

3

大きいボールに卵類を割りほぐし、生地の粉Aをザルなどでふるいながら加え、泡だて器でよく混ぜ合わせ、2.の半量とB.を加え混ぜ合わせる。

4

ヘラに持ち替え、パウンド型に生地を6割まで流し入れ、2.の残りを上に散らすようにトッピングする。

5

蒸し器に熱湯を沸かし、4.を置き、蓋をして沸騰が続く程度の弱火~中火で約15分蒸す。竹串を刺し、生地がついてなければ出来上がり♪

ポイント

★ジャムを加えるので、甘さを調節できる今回の生地がおススメですが、
生地の粉【小麦粉150g 砂糖30g ベーキングパウダー小さじ1 塩小さじ1/4】は、ホットケーキミックス200gでも代用可能です。
★粉類を加えた後、生地が少しかため感じますが、ジャムと油を加えるとちょうどよい生地になります。生地をヘラで上に持ち上げた時にリボン状になるのがちょうどよい目安です。
★型はマフィンを作る時の耐熱紙カップや紙のパウンド型、蒸し菓子用のカップなど代用可能です。

ミニコラム

沖縄では昔から食べられていた落花生(ピーナツ)の栄養素とは!?
チールンコウの材料で使用した落花生(ピーナツ)は、沖縄県になる前の琉球王国時代から食べられていたナッツ類です。沖縄の方言では、地豆(じまめ)又はジーマミーと呼ばれ、沖縄特産物でもあるジーマミー豆腐の原材料なのです。

落花生の主な栄養素は、体内の酵素を助ける働きがあり、糖質の代謝にも関与しているマグネシウム、皮膚や粘膜を健康に保つナイアシン、エネルギー代謝を助け、髪の毛や皮膚の健康維持に必要なビオチンなどが含まれています。糖質代謝にも関与している栄養素が含まれるので、今回のようにお菓子と組み合わせるとよいですね。ただし、ナッツ類なので脂質が豊富のため、食べ過ぎには注意しましょう。

参考コラム

琉球菓子の歴史や種類等詳細については、以下のコラムもご覧ください♪

おすすめ!?レシピ

  1. 豚小間肉と厚揚げのカレーチーズ焼き【管理栄養士レシピ】

  2. 夏野菜のもずく酢☆

  3. まろやかトマトスープ‥‥お疲れ気味の方に【管理栄養士監修】

  4. ナーベーラーと島野菜のサラダ〈沖縄県レシピ〉

  5. 牡蠣缶でアヒージョ!キャンプ飯にも♪

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬簡単楽チン炊飯器サラダチキン

  2. ♬レシピ動画♬ブロッコリーとアンチョビのベーグルサンド

  3. ♬レシピ動画♬ふわふわ食感の雲パン♡