郷土・地域別

セーファン(菜飯) おうちで作る琉球宮廷料理【沖縄料理研究家レシピ】

調理時間
約45分
主な食材
人参、椎茸、ホウレン草

沖縄県が1つの国「琉球王国」だったころ・・・
琉球王国にも宮廷料理がありました。琉球の宮廷料理は、琉球王国の王様や宮廷行事・他国のおもてなしなどに食べられていたもので、現在の沖縄料理とは異なります。

セーファンとは、だし汁で煮た具材を、ご飯にのせ、だし汁をかけて食べる料理です。鹿児島の奄美大島にはセーファンに似た料理【鶏飯】という郷土料理があります。奄美大島は昔、琉球王国だったので、その名残から今でも郷土料理として語り継がれています。

セーファンは、出汁のうま味がたっぷりで上品な味わいです。
時短レシピではないので、お時間がある休日などがオススメです。ぜひ、宮廷料理セーファンを作ってみてくださいね♪

材料(4人分)

材料
分量
人参
1本
干し椎茸
4枚
油揚げ
1枚
ほうれん草
4株
2個
少々
大さじ1
ご飯
4膳
下味用A:かつお出汁
150ml
下味用A:干し椎茸の戻し汁
50ml
下味用A:砂糖
小さじ1/2
下味用A:塩
小さじ1/2
下味用A:薄口しょうゆ
小さじ1
かけ汁用B:かつお出汁
800ml(4カップ)
かけ汁用B:塩
小さじ1・1/3
かけ汁用B:薄口しょうゆ
大さじ1・1/3
かけ汁用B:生姜搾り汁
小さじ1/2

手順一覧

1

干し椎茸は戻し、薄くスライスする。(戻し汁はとっておく)

2

人参は5㎝長さの細い千切りにする。油揚げは細い千切りにする。

3

ほうれん草は、塩(分量外)を加えた熱湯を沸かし、さっと茹で水にとり水気を絞り約5㎝長さに切る。

4

卵は割りほぐし、塩を少々加え、薄焼き卵を作り、粗熱がとれたら約5㎝長さの細切りにする。

5

中くらいの鍋にAを加え、1.2.3を混ざらないように鍋に入れ、中火にかけ、沸騰したら弱火にして、全体的に味がしみ込むように材料の上下を返す。ほうれん草だけ先にお皿に取り出す。人参に火が通ったら人参を取り出す。油揚げと干し椎茸は、煮汁がなくなったら火を止める。

6

小鍋に、B(かけ汁)を入れ、1度沸騰させて火を止める。

7

器にご飯を盛り、具材をきれいに並べ、食べる直前に温めた6をかけ、出来上がり♪

ポイント

★具材を煮る時は、混ざらないように気を付けましょう。
★具材は細切りにすると、汁にからみやすく、食べやすくなりますよ。

ご参考コラム

おすすめ!?レシピ

  1. 炊飯器&白だしで簡単♪七草がゆ

  2. 冷え症さんのための薬膳ポカポカチゲスープ【薬剤師レシピ】

  3. 炙り鰆のカルパッチョ:木の芽風味♪

  4. かぼちゃのムース☆ハロウィンにもおすすめ

  5. ヴィーガン対応♪ベジタコオートミール

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬ふわふわ食感の雲パン♡

  2. ♬レシピ動画♬簡単・時短バンバンジー

  3. ♬レシピ動画♬ベーコンマスタードパイ*おやつやおつまみにも♪