五感別

牛肉となすのしぐれ煮*ご飯が進むメインおかず【料理/食文化研究家レシピ】

調理時間
15分

毎日厳しい暑さが続くと、どうしてもスタミナが欲しくなるもの。でもあまり脂っこいものは重たすぎるので、こんな甘辛いしぐれ煮なら、思わずご飯もたくさんいただけそうです

今回は、今が旬のなすをたっぷり入れて作ってみました。今の時期のなすは皮が薄く、実もはじけるようにみずみずしくて、こうして煮物に使ってもとてもジューシーに美味しくいただけます。

あとはせっかくなので夏らしく、香りの良いみょうがもアクセントとして加えてみました。ところどころで楽しめるみょうがのさわやかな味わいとシャキシャキした食感は、牛肉やなすの美味しさをグンと引き立てる名脇役になってくれています。

このままおかずとしても、また混ぜご飯などに使ってもおいしいこの季節ならではしぐれ煮。子どもから大人まで食べやすい味付けになっていますので、ぜひお楽しみいただけたら嬉しいです。

材料(4人分)

材料
分量
牛切り落とし肉
200g
なす(大)
2本(220g)
みょうが
2本
大さじ1と1/2
小ねぎ
適宜
【A】酢
大さじ1
【A】きび糖
大さじ1
【A】塩
ひとつまみ
【B】酒
大さじ2
【B】きび糖
大さじ1と1/2
【B】本みりん
大さじ1と1/2
【B】醤油
大さじ1
【B】生姜(薄切り)
3枚

手順一覧

1

耐熱ボウルに【A】を合わせ、電子レンジ(600w)に30秒かけてよく混ぜる。みょうがを縦四等分に切ってひたしておく。

2

なすはへたを切り落として長めの乱切りにし、フライパンに入れて油をまぶす。それから火を点けて中火にかけ、蓋をして2分蒸し焼きにしたら、弱火に落としてなすの焼き面を変え、再び蓋をして1分蒸し焼きにして一度取り出す。

3

同じフライパンに【B】を入れて中弱火で煮立たせ、牛切り落とし肉を入れてほぐしながら軽く煮る。

4

牛肉の色が八割ほど変わったらなすを戻し、さらにみょうがを漬け汁ごと加えて全体を混ぜながらなすがやわらかくなるまで煮る。
彩りに、お好みで小口切りにした小ねぎをあしらう。

ポイント

●みょうがは熱い漬け汁にひたしておくことでクセやえぐみが抜けて下味が付き、さらにシャキシャキ感が程良く残る程度に火が通ります。
●なすは、すぐに調理する場合はアク抜き不要です。あらかじめ油を全体にまぶしてから火を点けることで、少ない油で火が通ります。

PR

おすすめ!?レシピ

  1. クワンソウのお浸し〈沖縄県レシピ〉

  2. 炊飯器でごちそうレシピ!ねぎ豚塩こうじご飯【料理/食文化研究家レシピ】

  3. 冷や汁レシピ♪ツナ缶でお手軽&すり鉢いらず!

  4. 高野豆腐レシピ*ジュワっと美味しい簡単ヘルシーラスク♪

  5. 梅塩麹ねぎつくね☆お月見のお供にも♪【管理栄養士レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. 焼きヤマン(だいじょ)のわさび醤油サラダレシピ動画*沖縄島野菜♪

  2. ♬レシピ動画♬簡単楽チン炊飯器サラダチキン【管理栄養士レシピ】

  3. 島ニンジンのやみつきカレーソテーレシピ動画*ヨーグルトソース♪沖縄島野菜

ピックアップコラム

  1. アスリート・スポーツ選手・スポーツをする方向けの食事・栄養素【管理栄養士コラム】

  2. 食の情報発信時のポイントと保健機能食品における表現方法例

  3. ヘルシーなのに満たされる食事のポイントとは?ダイエット中の方は必見!【薬剤師コラム】