食事の目的効能
免疫力向上
参考コラム
免疫力向上に必要な栄養素

新型コロナウイルス対策で話題になっている免疫力向上。免疫力向上のポイントと簡単レシピ『鶏むね肉の南蛮漬け』をご紹介します。

◆鶏むね肉
鶏むね肉には、アンセリンやカルノシンといった成分が豊富に含まれ、活性酸素を抑える働きがあり、高い抗酸化作用があります。様々な動物の骨格筋に含まれており、運動能力維持に必要な成分です。鶏むね肉はヘルシーで、高たんぱく。揚げる、炒める、焼く、蒸すなど活用の幅がたくさんあります。

◆にんじん
にんじんはビタミンA(β-カロテン)が多く含まれています。ビタミンAは、皮膚や粘膜の新陳代謝を高め、抵抗力をつけてくれます。ビタミンAは脂溶性のビタミンですので、油と一緒に摂取すると効率よく体内に吸収されます。

◆たまねぎ
たまねぎには、アリシンという辛味成分が含まれています。アリシンには殺菌作用や抗酸化作用があり、疲労回復や感染症予防に効果を発揮します。また、ケルセチンという強い抗酸化作用をもつ色素成分も多く含まれています。玉ねぎは、免疫力アップにかかせない常備野菜です。生で食べたり、加熱したり、いろいろな料理との相性も抜群です。

◆ピーマン(ピーマン、パプリカ)
ピーマンは、ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC、食物繊維が多く含まれています。ビタミンAは赤、青、黄色の順に多く、ビタミンCは、赤、黄、青色の順で多く含まれています。ビタミンCは、抗酸化作用を助ける作用があり、風邪の予防や疲労回復に効果があります。また、青ピーマンは、赤、黄色の約1.5倍の食物繊維を含んでいます。

◆酢
酢は酢酸やクエン酸など有機酸が豊富に含まれています。有機酸は、疲労のもとになる乳酸を分解し、疲れにくい体にしてくれます。また、酢は高い殺菌力、食欲増進作用などの効果もあります。さっぱりした酸味だけでなく旨味やコクもあり、他の調味料や素材の味を引きたててくれます。

材料(2~3人分)

材料
分量
鶏むね肉 (皮なし)
1枚
小さじ2
片栗粉
大さじ2
大さじ1
たまねぎ
1/2個
にんじん
1/3本
ピーマン
1個
★酢
100g
★しょうゆ
大さじ2
★砂糖
大さじ2

手順一覧

1

たまねぎは薄切り、にんじん、ピーマンは千切りにする。

2

鶏むね肉は2cm大のそぎ切りにし、酒を振り約5分おく。

3

耐熱ボールに★の調味料を入れ、よく混ぜる。1.の野菜を入れ、電子レンジ(600W×1分)で加熱し、バットに移し冷ます。

4

2.の鶏むね肉の水分をふき取り、片栗粉をまんべんなくつける。

5

フライパンを熱し、油を入れ、4.の鶏むね肉を広げて並べ、蓋をして弱めの中火で約2分焼く。裏返し、再び蓋をして約2分焼く。蓋をとり、強めの中火にし、両面に焼き色がつき肉に火が通るまで焼く。

6

3.のバットに5.の鶏むね肉を入れ、冷蔵庫に約15分置き、味をなじませる。

ポイント

本レシピは保存食として大活躍。衣は小麦粉でもOK。揚げずに焼くので手軽。お好みに合わせて鷹の爪を加えてください。

レシピ考案者

細田 明美 先生 - 管理栄養士 -
所属:東京医療保健大学 医療保健学部 医療栄養学科
講師/博士(学術)/管理栄養士/健康運動指導士/健康咀嚼指導士
研究テーマ:
・口腔機能と食習慣に関する研究
・子どもの入院に付き添う親への食事支援について
・マクロファージからの炎症性メディエーター産生に対する機能性食品の影響など

先生のコラム

参照コラムはこちら(※クリック頂くとコラムページに遷移します)

– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. 桜&甘酒&白あんで春のお汁粉レシピ*春らんまん♪

  2. マシュマロ入り♡アーモンドミルクココア【料理/食文化研究家レシピ】

  3. 春の味覚たけのこご飯♪炊飯器で簡単レシピ!

  4. ドライエディブルフラワーで*涼を感じるお花の水槽寒天【コラボレシピ】

  5. 柿&ミントで♪簡単大人の前菜サラダレシピ

♬レシピ動画♬

  1. 鮭のソテー*イーチョーバー(フェンネル)爽やかサワーソース♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

  2. おうちでターンムパイ(田芋:島野菜)*市販のパイシートでお手軽レシピ動画♪

  3. スターフルーツと玉ねぎの和洋折衷サラダ♪星型が可愛い簡単レシピ動画食べ方付き

ピックアップコラム

  1. 食品ロスをふせぐ!食材保存方法と長持ちさせるポイント【管理栄養士コラム】

  2. 【腸活コラム】子どものための発酵調味料5つのメリットと使い方

  3. 『便秘』ー栄養カウンセリング・食の悩み相談事例【薬剤師コラム】