主な栄養素
アリシン、ビタミンB1

沖縄島野菜の島ラッキョウの旬は、3月~5月で、今が1番美味しい時期です。
今回は、疲労回復に嬉しい組み合わせの島ラッキョウのフリッターをご紹介します。

島ラッキョウの主な栄養素は、ナトリウム(塩分)を体外に排出して高血圧予防のカリウム、赤血球を作り造血作用がある葉酸、ビタミンB₁の吸収を高めるアリシンを含みます。
豚肉の栄養素は、糖質をエネルギーに変え疲労回復のあるビタミンBが豊富。

また、島ラッキョウに含まれるアリシンは、豚肉のビタミンBと結合し、体内への吸収を助ける働きがあります。まさに疲労回復の最強コンビ!!お疲れ気味の週末におススメの1品ですよ。

島ラッキョウは、揚げることで辛みが軽減され食べやすくなります。塩分に気を付けている方は、タレをレモン汁に代用すると減塩対応にも♪島ラッキョウが手に入ったら試してみてくださいね。

(1人分の栄養価:エネルギー334kcal たんぱく質13.5g 脂質16.7g 炭水化物33.3g 食物繊維3.2g 食塩相当量0.5g)
栄養価計算表

材料(2人分)

材料
分量
島ラッキョウ
1束(90g)
豚モモ肉薄切り(赤身)
90g
塩胡椒
少々
A.小麦粉
25g
A.片栗粉
大さじ1/2
A.炭酸水
35ml
A.マヨネーズ
大さじ1
揚げ油
適量
タレ:ケチャップ
大さじ1
タレ:コーレーグース
小さじ1/4~
添え物:サニーレタス
適量
添え物:くし切りレモン
適量

手順一覧

1

豚肉は塩胡椒で下味を付ける。

2

島ラッキョウは、薄い皮を剥き、1.の豚肉を巻き付ける。

3

タレを混ぜ合わせておく。

4

ボールにA.を入れ混ぜ合わせる。

5

油を180℃に熱し、肉を巻いた島ラッキョウを4.の衣につけ180℃約3分揚げる。

6

お皿に、添え物の野菜やレモン・島ラッキョウのフリッター・タレを盛り付ける。

ポイント

★豚肉が大きい場合は、島ラッキョウが巻ける大きさに切りましょう。
★辛みが苦手な方やお子様は、コーレーグースを使用せず、塩、又はケチャップのみなどお好みの味付けで代用ください。
★島ラッキョウは、揚げているので、長い緑の部分も食べられます。

島ラッキョウについて、コラムや下処理&浅漬けレシピ等については、以下もご覧いただけますと幸いです♪
沖縄伝統島野菜【島らっきょう】は琉球王国時代から食べられていた!?|沖縄料理研究家 宮澤かおる|note
島ラッキョウの皮を簡単にむく方法〜島ラッキョウの浅漬け〜|沖縄料理研究家 宮澤かおる|note

おすすめ!?レシピ

  1. ツナメルトトースト【管理栄養士レシピ】

  2. 食物繊維たっぷり♪キクラゲと豆もやしの食べるスープ【管理栄養士レシピ】

  3. 空心菜肉包(ウンチェー饅頭のそぼろ包み)〈沖縄県レシピ〉

  4. マロンパイ♡栗の甘味とサクサク食感が楽しめる♪【管理栄養士レシピ】

  5. ンジャナバー(ニガナ)・島豆腐・アーサの洋風白和え

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬ベーコンマスタードパイ*おやつやおつまみにも♪

  2. ♬レシピ動画♬簡単・時短豚もやし

  3. 秋なすと油揚げのいりこ煮-重陽の節句レシピ-