外出自粛で太ってしまった人必見!豆乳で『食べる免疫力アップダイエット』のご紹介!

激しい運動は免疫力低下に!?
動くより“食べる”でダイエット免疫力のW対策

 <トレンド>年末年始の外出自粛でお正月太りが増加!?

12月14日にGotoトラベルキャンペーンの全国一斉一時停止が発表されたことを受け、年末年始には帰省や旅行をせずに自宅で過ごした人が多いのではないでしょうか。株式会社グラフィコによるとコロナ禍での年末年始の過ごし方について、1位「テレビや動画配信サービスを見る(53.4%)」、2位「寝る(52.8%)」となっており、運動不足になってしまった人も多いと考えられます。
また、株式会社大丸松坂屋百貨店によると「おせち」の売上は対前年比+40%で予約販売を終了するなど年末年始の外出費が浮いた分、高級おせち等を取り寄せて、つい食べ過ぎてしまったという人も多いのではないでしょうか。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000137.000009939.html
   https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001374.000005342.html

 “過度な運動”に潜む危険…コロナ禍における免疫力の低下にご注意 

食情報メディアeatopicの調査によると、「コロナ禍でどのようなダイエットをしたか」というアンケートの結果、1位が「運動」となっており、まずは運動習慣の見直しをする人が多いようです。

適度な運動は免疫機能を向上すると言われていますが、実は激しい運動は逆に免疫力を下げてしまうということをご存知でしょうか。強度の強い運動を行った後はリンパ球の各免疫細胞が一時的に大幅に減少します。これは簡単に言えば免疫力が低下するということです。「マラソンをした後に風邪を引いた」という経験のある方も多いのではないでしょうか。
お正月太りに焦り、突然過度な運動を始めるのは避けるようにしましょう。
また、1月8日には1都3県を対象に緊急事態宣言が発令され、おうち時間が長引きそうな今、お正月太りを運動で解消しようとしている人は要注意です。免疫力を低下させずにダイエットに取り組むためには、食事で免疫力をアップさせながら適度な運動をすることが大事と言えそうです。

参考: https://kujira-zaitaku.clinic/blog/534.html

 お正月太り解消のカギは『食べる免疫力アップダイエット』!? 

お正月明けは豆乳の販売量が例年急拡大いたします。お正月太りの解消を目的に豆乳を購入する人が増えると推測されます。

出典:日経 POS 情報 POS EYES 日経収集店舗・全スーパー 千人当り金額(円)

豆乳はカロリーが低いだけでなく、多くの栄養素を含んでいます。豆乳に含まれる大豆たんぱく質には脂質代謝を改善する働きが、また大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た働きがあり、美肌効果が期待できます。さらに大豆オリゴ糖には腸内環境を整える作用があり、身体環境を整えて免疫力アップを目指すことができるので豆乳を積極的に取り入れましょう。

そこで、コロナ禍のダイエット方法として、豆乳を使った『食べる免疫力アップダイエット』のレシピをご紹介します。


 菜の花の豆乳クリームパスタ

【作り方】
1:フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ弱火で加熱し香りが出たら、
細切りにしたベーコンを加えて全体に油が回るまで炒める。
※その間にかぼちゃとレンコンをレンジで 2 分 30 秒( 600 W)加熱してやわらかくしておく。
2:1のベーコンに菜の花とレンジで温めたレンコンとかぼちゃを入れ炒め、全体に火が通ったら軽く塩・こしょうをする。
3:2に豆乳とコンソメキューブを入れて、弱火で2分ほど加熱する。
4:3にアルデンテに湯がいたパスタを入れて和える。(お好みで、ここで粉チーズを入れる)麺全体に具材とソースをからめて出来上がり。

豆乳を使うことで、あっさりなのに、コクがあるスープが出来上がります。
生クリームよりもカロリーが低いので、ダイエット中の方も気にせず召し上がってもらえますね!

 かぼちゃポタージュ

【作り方】
1:鍋を熱して温まったらオリーブオイルを入れて弱火にして玉ねぎを入れて炒め る 。
2:しんなりしたらかぼちゃを入れて全体に火が通るまで炒めたら、塩・こしょうをする。
3:2.に水を入れて、沸騰したら弱火にしてアクを取り ふたをして 8 分くらいかぼちゃがやわらかくなるまで煮る。
4:3.をハンドブレンダーで攪拌したら無調整豆乳を入れ、味が足りなければ塩で味を調える。仕上げに、パセリとこしょうをふりかける。

豆乳を使用することでカロリーが抑えられます。
また、豆乳にはミネラルが多いので、ポタージュにコクがでますよ!カボチャの風味が引き立ちます!


  豆乳がゆ

【作り方】
1:米は洗って鍋に入れ、水を加えて中火で 15 分ほど煮る。
2:1.に調製豆乳を加え、さらに弱火で 10 分ほど煮て、塩を加えて味を調える。
3:ザーサイを刻み、白ごまと小口切りにした万能ねぎ・ごま油と混ぜ合わせる。
4:2.を器に盛り、3.を添える。

大豆とお米の栄養バランスはとても良いです。 大豆からできた豆乳でおかゆを作ることは、栄養の質も上がりますし、お腹にも優しいですので、食べ過ぎた翌日の朝食に食べることで胃腸を休ませてみるのもいいですね。


 5分でできる!焼き鳥缶でチーズタッカルビ風

【作り方】
1:耐熱容器に焼き鳥缶 タレ味 、コチュジャンを入れて混ぜ合わせる。
2:1.の表面に豆乳シュレッドを散らし、ふんわりとラップをして、電子レンジで 1 分~ 1 分 20 秒ほど加熱する。
3:豆乳シュレッドが溶けたら青ねぎ 小口切り を散らし、七味唐辛子をふる。

「コレステロールを抑えてチーズ感が味わえるメニューです。 手軽に韓国料理を楽しめますね!」


 豆乳グルトのレアチーズケーキ風

【作り方】
準備:●板ゼラチンは冷水(分量外)でふやかしておく。
   ●バターは電子レンジで 30 〜 40 秒ほど加熱し、溶かしておく。
1:ざるにキッチンペーパーをしき豆乳グルトをのせ、冷蔵庫で 1 時間ほど水切りする。
2:ジッパー付保存袋などにビスケットを入れ、麺棒などで細かく砕く。
ボウルにビスケット、バターを入れ、よく混ぜ合わせる。型にしっかりしきつめ、冷蔵庫で冷やす。
3:レモンを 1 〜 2mm の輪切りにし、種を取り除く。手鍋に水とグラニュー糖(50g )を入れ、ひと煮立ちさせ、レモンを加える。弱火で約 10 分煮たら、粗熱をとる。
4:別の手鍋に生クリームとグラニュー糖( 50g )を入れ、混ぜ合わせながら加熱し、沸騰直前で火を止める。ゼラチンを加えて、よく混ぜ合わせる。
5:ボウルに水切りした豆乳グルトを入れ、 4.を少しずつ加えながら混ぜ合わせる。2.に流し入れ、3.のレモンを全体にのせ、冷蔵庫で2 時間ほど冷やす。
6:型から外したら完成。

豆乳グルトの乳酸菌も一緒に摂取できるので、プロバイオティクスのデザートですね! 女性には嬉しい大豆イソフラボンや期待できるデザートは、まさに女性のための美容食になりますね。

マルサンアイ(株)公認スポーツ栄養士 小川 静香さま

・博士(医学)、公認スポーツ栄養士、管理栄養士、食アスリートジュニアインストラクター
・趣味の筋トレとトライアスロンに自社の豆乳とみそを食生活に取り入れて身体つくりを実践中。
マルサンアイ(株):豆乳・みそなど大豆加工食品のパイオニアとして、時代の二ーズに応えたレトルト食品・即席みそ汁・調理みその加工食品から豆乳グルトのチルド食品まで幅広い商品開発で「自然の恵みから、おいしさと健康を。」をお届けしている。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ!?レシピ

  1. モーウイ田楽(モーウィ・赤毛瓜)〈沖縄県レシピ〉

  2. 柏崎雑煮*正月料理〈新潟県レシピ〉

  3. 濃厚くるみだれの信州ざる蕎麦

  4. サムゲタン風(参鶏湯)♪炊飯器で簡単!【管理栄養士レシピ】

  5. ゴーラ(ゴーヤ)入りフィッシュボール〈沖縄県レシピ〉□栄養表示□

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬簡単・時短バンバンジー

  2. ♬レシピ動画♬簡単・時短豚もやし

  3. ♬レシピ動画♬喫茶店風固めプリン*おうちで作れる