郷土・地域別

シークヮーサーのハニー生姜ゼリー♪カラダを内側から温める【沖縄料理研究家レシピ】

沖縄の代表的な果物シークヮーサーは9月が旬。そして9月22日が「シークヮーサーの日」とされています。

今回は、栄養価豊富なシークヮーサーを使ったデザート『シークヮーサーのハニー生姜ゼリー』をご紹介します。

・シークヮーサーの主な栄養素は、体外に余分な塩分を排出するカリウム、病気予防やストレスホルモンに対抗するホルモンをつくるビタミンC、皮部分には、フラボノイドの一種「ノビレチン」が含まれ、生活習慣病予防効果が期待されている成分です。
・生姜に含まれるジンゲロールは、血行促進効果が期待されています。

生姜は、生の生姜を使うのがポイントで、香りもよく、シークヮーサーとの相性も良いですよ。

生のシークヮーサー又はシークワーサー果汁でも代用できるので、秋のスイーツ1品にお試しくださいね。風邪気味にもおススメです♪

◆1人分の栄養価:エネルギー127kcal、たんぱく質4.8g、脂質0g、炭水化物28.7g、食物繊維0.4g、食塩相当量0g
シークヮーサーのハニー生姜ゼリー栄養計算表

材料(2人分)

材料
分量
シークワーサー果汁
60ml
生姜
30g~
はちみつ
大さじ3
無糖炭酸水
200ml
A.ゼラチン
10g
A.水
50ml
<トッピング>
 
 生シークヮーサー
適量
 ミント
適量

手順一覧

1

生のシークヮーサーを使用場合は、半分に切り、種を取り除き果汁を絞る。

2

生姜は皮をむき、すりおろす。

3

小さい耐熱容器にA.を加え、レンジ(600w)で20秒加熱し、はちみつを加え混ぜ合わせる。

4

ボールに、1.2.3.を加え混ぜ合わせ、静かに炭酸水を注ぎ、軽く混ぜ合わせる。

5

グラスに移し、冷蔵庫で約1時間冷やし固める。固まったら、お好みで生シークヮーサー・ミントをトッピングして出来上がり♪

ポイント

★生姜は、チューブ生姜は味が変わってしまうので、生の生姜がおススメです。
★炭酸水がない場合は、水でも代用可能です。
★ゼラチンは沸騰すると固まりにくい性質があります。メーカーにより多少異なるので、ご使用になるゼラチンのパッケージを確認してください。

ミニコラム

シークヮーサーの日】の由来とは!?

シークヮーサーの日は、沖縄県シークヮーサー消費推進協議会により、シークヮーサーの旬や沖縄の柑橘類【九年母(クニブ)】のごろ合わせで9月22日とされました。
由来になった九年母(クニブ)とは、沖縄県が琉球王国時代だった16世紀頃、室町時代に日本にも伝わったとされています。また、琉球菓子の「キッパン」の材料にもなっていますが、現在は栽培されている農家も少なく、なかなか手に入らない貴重な果物です。
秋から冬にかけシークヮーサーや柑橘類が美味しい時期ですね。柑橘類は、香りも良くリフレッシュ効果もあるので旬の時期に取り入れましょう♪

シークヮーサーのハニー生姜ゼリー-シークワーサー食材

おすすめ!?レシピ

  1. 島ラッキョウと豚肉のフリッター:コーレーグースのピリ辛ダレ【管理栄養士レシピ】

  2. カツオと豆腐の漬け丼

  3. 焼き芋とオートミールのアジアン濃厚お汁粉♪<オートミールレシピ>

  4. 本格ナシゴレン:インドネシア料理【管理栄養士レシピ】

  5. 豆乳スライスとアスパラガスの巻きカツ

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬ベーコンマスタードパイ*おやつやおつまみにも♪

  2. ♬レシピ動画♬ブロッコリーとアンチョビのベーグルサンド

  3. ♬レシピ動画♬ふわふわ食感の雲パン♡