調理時間
20分(寝かせる時間除く)
主な栄養素
ビタミンB1

暑い日が続いたり、気温差があると疲れやすくなりますよね。
そんな時に取り入れたいのが豚肉!スタミナをつけたい時やお疲れ気味の時は、糖質代謝を助け、疲労回復効果のあるビタミンB1が豊富な豚肉を取り入れましよう♪

豚肉料理と言えば!?無性に食べたくなる沖縄料理の『ラフテー』。
ラフテーは本格的に作ると調理時間は3時間以上かかります。圧力鍋があれば便利ですが、ないご家庭も・・・時間はないけど食べたい時ってありますよね。

今回のレシピは、泡盛や塩麹で下味を付けてから茹でるので、柔らかく仕上がります。また、下茹ですることで、余分な脂質やアクなども取り除け脂質カット!身体にも嬉しいレシピをご紹介します。

豚肉バラ肉は、脂質が多い食材なので、とても高カロリー。写真のように、2枚くらいの摂取が理想的。豚バラ肉が安売りの時に是非試してみてくださいね♪

材料(4人分)

材料
分量
豚バラ肉(塊)
400g
A.塩麹
大さじ2
A.泡盛
大さじ2
B.醤油
20ml
B.みりん
20ml
B.泡盛
20ml
B.砂糖
小さじ1
4個
ご飯
4人分
大葉
4枚

手順一覧

1

豚バラ肉は、約1㎝幅に切り、密封袋等に入れA.で下味を付ける。(約15〜30分)

2

半熟玉子を作る:小鍋にお湯を沸かし、沸騰したら卵をお玉等で静かに入れ7分茹でる。冷水にとり冷やし皮をむき半分に切る。

3

鍋に1.とかぶるくらいの水を入れ沸かす。沸騰したら中火にして約5分茹で、茹でこぼし豚肉を軽く洗い、水気を軽く拭き取る

4

フライパンに3とBを加え中火にかけ、絡めるように味を付ける。

5

器にご飯、大葉、お肉、タレ、ゆで卵をのせ出来上がり♪

ポイント

下味さえ漬けておけば、さらに時短にできますよ♪

泡盛の歴史、栄養素等

約600年も前から親しまれている泡盛。沖縄県外の方や、若い世代の方にはあまり馴染みが無いかもしれませんが、泡盛は知れば知るほど、とても奥深いお酒です。

私自身も泡盛の世界観に魅了された一人です。自分好みの泡盛を見つけ、最近では、自家製泡盛のサングリアを作り、泡盛を調味料として使用するなど、常備しています。

泡盛の歴史、泡盛を料理や調味料として使う理由、古酒の魅力や栄養素などを以下のコラムでご紹介していますので、よろしければあわせてご覧ください!

– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. 鶏肉のトマト煮込みレシピ*完熟ドライトマトが濃厚【YOKOHAMADry乾燥野菜農福連携】

  2. オートミールのベジタブルタコライス♪ヴィーガン対応レシピ

  3. モーウイ田楽(モーウィ・赤毛瓜)〈沖縄県レシピ〉

  4. 生椎茸の白味噌チーズリゾットレシピ♪濃厚クリーミー♡

  5. 食物アレルギー配慮レシピ*米粉の野菜たっぷりお好み焼き(小麦・卵・大豆不使用)

♬レシピ動画♬

  1. 島野菜フーチバー(ニシヨモギ)の万能ジェノベーゼソース♪レシピ動画♪

  2. モリンガパウダーの米粉フィナンシェレシピ動画*贈り物にも♪

  3. 島野菜シマナー(からしな)で*ご飯が進むお惣菜レシピ動画♪

ピックアップコラム

  1. 【腸活コラム】子供の便秘の理由と改善方法~子どもの便秘が増加中?!~

  2. 『アトピー性皮膚炎』と栄養アプローチ【栄養カウンセリング事例・薬剤師コラム】

  3. 食品ロスをふせぐ!食材保存方法と長持ちさせるポイント【管理栄養士コラム】