欧米で人気の定番スイーツ、にんじんのケーキ。
にんじんを丸ごとたっぷりと使い、オイルで作れることからヘルシースイーツとしても人気があります。

今回はそんなカフェの定番・キャロットケーキを、甘酒とクリームチーズのフロスティングで簡単アレンジ。もとのフロスティングにはバターを使いますが、甘酒の風味と甘さ、深いコクにはそれを補うくらいの魅力があってにんじんケーキにもとてもよく合います

にんじん、レーズン、くるみがギッシリ詰まった生地は、ほんのりスパイスが香り、しっとりと美味。にんじんは皮ごとのすりおろしと千切り、二種類を加えることで風味がアップするのでおすすめです。

材料を順番に加えて混ぜていくだけの、コーヒータイムやお茶の時間にぴったりのケーキ。
にんじんが旬のこの季節にぜひお楽しみください。

*以下の分量は、「直径15.5cmのケーキ型1台分:約4~8人分」の分量です

材料

材料
分量
にんじん
1本(正味150g)
2個
きび糖
100g
油(米油、太白ごま油、サラダ油など)
80g
無糖ヨーグルト
40g
レモン汁
大さじ1
レーズン
15g~
くるみ(ローストタイプ・食べやすい大きさにしたもの)
15g~
【A】薄力粉
180g
【A】ベーキングパウダー(アルミフリー)
小さじ1と1/2
【A】シナモン(パウダー)
小さじ1
【A】ナツメグ(パウダー)
少々
<甘酒チーズフロスティング>
 
クリームチーズ
70g
甘酒(液体タイプ・水と1:1で薄めるタイプのもの)
50g
レモン汁
小さじ1/2

手順一覧

1

にんじんは皮付きのまま、半量をすりおろし、半量を千切りにして、それぞれ別々の容器に入れて分けておく。

2

ケーキ型にクッキングシートを敷く。【A】の粉類は合わせてふるう。
オーブンは180℃に予熱する。

3

ボウルに卵ときび糖を入れて、ハンドミキサー(または泡立て器)でざっと混ぜる。
油を2~3回に分けて加え、その都度空気を含ませるようにしながらなめらかになるまでよく混ぜる。

4

無糖ヨーグルトとレモン汁、おろしたにんじんを加えて、全体がなじむまでさらに混ぜる。

5

ゴムべらに持ち替え、【A】の粉類を加えてさっくりと混ぜたら、千切りにんじん、レーズン、くるみを加えてツヤが出るまで混ぜる。

6

5.を型に流し入れ、170℃に下げたオーブンで30分ほど焼く。さらに上にアルミホイルをかぶせて10~15分ほど焼き、中心に竹串を刺してどろりとした生地がついてこなければできあがり。

7

型のまま網の上で冷まし、あら熱が取れたら型から出してさらに冷ます。
【甘酒チーズフロスティング】の材料をよく混ぜ合わせ、ケーキの上に塗る。

ポイント

●焼き時間はご使用のオーブンにより適宜加減してください。また型がない場合は、マフィン型や紙コップなどに生地を分けて流し入れても作れます(焼き時間は適宜調節)。
●フロスティングに使うクリームチーズは、あらかじめ室温に戻しておくと混ぜやすいです。
●写真は、茹でたミニにんじんにリーフレタスを添えて飾っています。マジパンで作ったにんじんを乗せたり、茹でたにんじんをつぶしたものや、砕いたくるみなどを乗せてもかわいいです。
●ケーキは翌日以降、味がなじむとさらに美味しくなります。その場合、フロスティングは食べる直前に塗ってください。

– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. 鶏ひき肉×豆腐のふわふわチキンナゲット♪BBQソース【管理栄養士レシピ】

  2. 味噌と豆乳の関東風おでん【管理栄養士レシピ】

  3. 沖縄モズク天ぷら*失敗しない沖縄天ぷらレシピ【沖縄料理研究家レシピ】

  4. サツマイモの肉詰めレシピ♪ホクホク食感と甘じょっぱさがたまらない*

  5. ♬レシピ動画♬簡単・時短豚もやし

♬レシピ動画♬

  1. 島野菜*田芋(ターンム)で大人な生チョコくるみ入り♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

  2. 島野菜フーチバー(ニシヨモギ)とタンカンの簡単マフィンレシピ動画♪

  3. パッションフルーツのぷるぷる南国ゼリー♪アガー使用*レシピ動画

ピックアップコラム

  1. 今、話題の栄養素!ビタミンD【管理栄養士コラム】

  2. 【腸活コラム】子供の便秘の理由と改善方法~子どもの便秘が増加中?!~

  3. 薬機法など関連法令を踏まえた食の情報発信時のポイントと気を付けたい表現