四季・節目・行事別

鰻の肝吸い(きもすい)レシピ♪夏の土用におすすめ!

夏の土用といえば「うなぎ」!
そして鰻屋さんに行くと、うな重とセットで出てくるのが「鰻の肝吸い(きもすい)」。

あの食感と、なんとも言えない身体に染みわたる感じの優しいお出汁が、気持ちをホッとさせてくれますよね。

今回は、そんな肝吸いをご自宅で、「簡単ざっくり肝吸いレシピ」をご紹介します。

鰻をご自身で捌く方や、鰻の肝が手に入る方は、ぜひお試しください♪

材料(1杯分)

材料
分量
鰻の肝
お好みの量
湯通し用のお湯
適量
ひとつまみ
顆粒だし(かつおや昆布)
少々
醬油(さっと加える程度)
少量
お湯
150~180cc
三つ葉
適量

手順一覧

1

肝の苦玉・血合いを取り除き、よく水洗いし、湯通ししてお椀に入れる。

2

お椀に、塩:ひとつまみと、顆粒だし:少々、醬油:少量を入れる。

3

お湯を注ぎ、三つ葉を浮かべたら出来上がり。

ご参考:鰻のちらし寿司

梅酢でさっぱりと食べられる♪鰻のちらし寿司レシピは、以下をご覧ください!

– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. 桜鱒(サクラマス)と春野菜の粒マスタード炒め*ヘルシー&骨粗しょう症対策【みんなのレシピ】

  2. ドライエディブルフラワーで華やか*ローチョコレート【コラボレシピ】

  3. 島野菜シブイ(冬瓜)のコンポートレシピ*簡単爽やかデザート

  4. 豆乳ホワイトホットチョコレート【管理栄養士レシピ】

  5. フライパンひとつで!しっとり蒸し豚♪おろしきゅうりの香味だれ【料理/食文化研究家レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬ベーコンマスタードパイ*おやつやおつまみにも♪

  2. ♬レシピ動画♬喫茶店風固めプリン*おうちで作れる

  3. ♬レシピ動画♬ブロッコリーとアンチョビのベーグルサンド

ピックアップコラム

  1. 離乳食を作る際に意識したいポイント・レシピ例・注意点【管理栄養士コラム】

  2. 食の情報発信時のポイントと保健機能食品における表現方法例

  3. 今、話題の栄養素!ビタミンD【管理栄養士コラム】