調理時間
10分
費用目安
1200円前後

今回は山陰・島根に伝わるお正月のお雑煮をご紹介します♪

古来より出雲の北端、十六島鼻の岬周辺からとれる海苔は『十六島のり』と呼ばれ、とても高級な海苔として重宝されてきました。
その海苔はまた、婦人が髪の毛の結うときの添え髪(かもじ)のように見えることから、『かもじのり』とも呼ばれています。

具材に十六島のりが入ったお雑煮は、伝統的な山陰地方の正月料理。
このお雑煮を食べると、その年の邪気祓いになると言われているのだそう!!

コシがあり、磯の香豊かな十六島のりで作るお雑煮。
(十六島のりが手に入らなければ、もみのりでも代用できます)
シンプルで贅沢なお雑煮、ぜひお試しくださいね♪

材料(2人分)

材料
分量
十六島のり(もみのりでも代用可)
5~10g
丸餅
食べる分だけ
だし汁(昆布と鰹節)
2カップ
醤油
小さじ1
小さじ1
みりん
小さじ2
少々
おいしい日本酒
適量
水(餅をゆでる用)
適量
三つ葉
適量

手順一覧

1

十六島のりをあらかじめ、おいしい日本酒に漬けておく。(半日~一晩)

2

鍋に水を沸かし、餅が柔らかくなるまでゆでる。

3

つゆを作る。鍋にだし汁、醤油、酒、みりん、塩を入れひと煮立ちさせる。

4

器に、茹でた餅と、日本酒に漬けてあった十六島のりを切ってよそい、つゆを注ぐ。飾りに三つ葉を散らす。

ポイント

*つゆは濃いめ&甘めに作るのが山陰地方ならではだそうですが、お好きな味で調整してください。
*餅は茹でると溶けるので、つゆとは別のお鍋で茹でてくださいね。

おすすめ!?レシピ

  1. 明太子とれんこんの炊飯器で簡単炊き込みご飯♪おかわり必至【料理/食文化研究家レシピ】

  2. おかかハムチーズのホットサンド<かつお節レシピ>

  3. フーチバーのリゾット〈沖縄県レシピ〉

  4. マロンパイ♡栗の甘味とサクサク食感が楽しめる♪【管理栄養士レシピ】

  5. ローゼルのジャムとマグロの前菜♡ドライエディブルフラワーで深い赤色の饗宴

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬喫茶店風固めプリン*おうちで作れる

  2. ♬レシピ動画♬時短♪キャベツの豚バラ巻き

  3. ♬レシピ動画♬ブロッコリーとアンチョビのベーグルサンド

ピックアップコラム

  1. 外出自粛時・防災のための食材保存と活用レシピ【管理栄養士コラム】 

  2. 夏に食べたい食欲をそそるおすすめ食材【料理・食文化研究家コラム】

  3. 『拒食症-摂食障害』ー栄養カウンセリング・食の悩み相談事例【薬剤師コラム】