キャベツは生でよく食べられますが、繊維質が消化しづらく、カサも多いためたくさん食べることが難しいですよね。

キャベツをビタミンC摂取を目的として食べる場合、炒めた場合は3~4割、蒸した場合は2~3割ほど、煮込んだ場合も5割までビタミンCが減ってしまいます。ただし、スープとして食べることで、9割程摂取することが出来ると言われていますよ。そのため、基本的な調理法としては「煮込んだスープ」がおすすめです。
一方、キャベツに含まれるビタミンUを摂取されたい方は、ビタミンUは水溶性で熱に弱いことから、効率よく摂るためには生食がおすすめです。

キャベツをまるごと使い切るには、キャベツの栄養成分がキャベツのどの部分に含まれるのかを考えて切り分けて使います。
キャベツをまるごと使えるように、キャベツの蒸し煮キャベツラーメンコールスロー野菜スープのレシピを考案しました。
今回の提案するレシピメニューはキャベツの『コールスロー』です。

1.まずは包丁を横に入れて半分に切ります。
キャベツは上の葉の部分としたの芯の部分、内側の部分に分けて料理します。
2.下(芯の方)を全部使います。
放射線状に12等分に切り煮込み料理として汁ごといただきます。
3.上の葉の緑色の濃く、少し硬い部分を使います。
色の濃い部分を2~3枚ラーメン用に細長く切ります。
4.真ん中の部分は柔らかい、生食に向いている部分を使います。
コールスロー用に薄く千切りにします。
5.上の葉の方の芯の近くの葉が小さくなっている部分を使います。
スープ用にを1㎝~1.5㎝位に切ります。

【コールスロー】材料

材料
分量
キャベツ(上の葉の部分の真ん中あたりの固いところ)
適量
500ml
小さじ1
甘麹
小さじ1
小さじ1
マヨネーズ(卵不使用)
小さじ1

【コールスロー】手順一覧

1

水500mlに塩小さじ1を溶かし、千切りにしたキャベツを入れてしばらく置く。

2

その間にマヨネーズ大さじ1と酢小さじ1、甘麹小さじ1を混ぜ、きつく絞ったキャベツと混ぜ合わせる

キャベツ丸ごと大量消費レシピ(アレルギー配慮)2

– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. 苺ミルクゼリーケーキ♡おもてなしにも◎【みんなのレシピ】

  2. 冷やしおでんレシピ♪ゴーヤー・オクラ・茄子など夏野菜たっぷり

  3. 島野菜:島ニンジンのカレー風味ラぺ♪風味も食感も楽しいレシピ

  4. 沖縄のがんも!?揚げない♪うじら豆腐【管理栄養士レシピ】

  5. 液体塩こうじで作るビビンバ風ご飯

♬レシピ動画♬

  1. 焼きヤマン(だいじょ)のわさび醤油サラダレシピ動画*沖縄島野菜♪

  2. 島野菜フーチバー(ニシヨモギ)とタンカンの簡単マフィンレシピ動画♪

  3. ♬レシピ動画♬喫茶店風固めプリン*おうちで作れる

ピックアップコラム

  1. 『過食症-摂食障害』ー栄養カウンセリング・食の悩み相談事例【薬剤師コラム】

  2. シークヮーサーの魅力と栄養・効能

  3. 『アトピー性皮膚炎』と栄養アプローチ【栄養カウンセリング事例・薬剤師コラム】