五感別

無花果(イチジク)&カラフルトマト&ブルーベリーのマリネ風デザート☆

旬の『無花果(イチジク)』を使った、オレンジ風味のコアントロー(リキュール)マリネ風デザートをご紹介します。
(アルコールが苦手な方やお子さま向けは、オレンジジュースで代用してくださいね)

無花果の旬は、年に2回あり、夏は6月~8月頃、秋は8月~11月頃と言われています。
無花果は、なんと江戸時代には、不老不死の果実と呼ばれていたそうで、ビタミンやミネラルをバランス良く含む栄養豊富な食材ですよ。ジャムにしていただくのも美味しいですね!

甘い無花果とオレンジの風味が楽しめるデザート。
とても美味しかったのか、私の子供も2個を一度に平らげてしまいました笑
みなさまもぜひお試しください!

材料(4人分)

材料
分量
無花果
4個
カラフルミニトマト
約200g
ブルーベリー
40g
市販のカステラ、スポンジ、クラッカーなど(土台用)
4個(円形)
<マリネ液>
 
コアントロー(orオレンジジュース)
50ml
粉糖
大さじ1
<ホイップクリーム>
 
生クリーム
100ml
粉糖
大さじ1~2

手順一覧

1

ボウルにコアントローと粉糖を入れ混ぜ合わせてマリネ液を作る。
*アルコールが苦手な方やお子さまが食べる場合はオレンジジュースで代用する。

2

無花果をくし切りにし、皮を取り除きバットに並べる。

3

ミニトマトを湯剥きしてキッチンペーパーで水気を拭き取り、ブルーベリーと一緒にボウルに入れ、1.のマリネ液を入れて混ぜ合わせる。

4

バットに並べた2.の無花果に、3.を加えて約30分冷蔵庫で寝かしておく。

5

カステラやスポンジ、クラッカー等で円形の土台を4個作る(セルクル型などで型抜きする)。
*4枚目の写真ご参考

6

ボウルで生クリームと粉糖を混ぜ合わせ、ホイップクリームを作る。

7

5.の土台をおき、上から絞り袋に入れたホイップクリームを絞る。
*4枚目の写真ご参考

8

お皿に7.を置き、4.を立体的に盛り付け、残った無花果はスプーンなどで細かく潰して上からかけたら出来上がり♪

ポイント

今回「コアントロー」というリキュールを使っていますが、アルコール度数が高いので、アルコールが苦手な方や飲めない方はオレンジジュースで代用してください。
コアントローのアルコール度数:約40度

おすすめ!?レシピ

  1. ぷりぷりエビ団子のアーサスープ♪磯の香りが食欲を誘う【管理栄養士レシピ】

  2. アボカドとミニトマトの卵スープ【教授監修レシピ】

  3. 空心菜(ウンチェー)とアーモンドの炒め物!調理時間5分♪【管理栄養士レシピ】

  4. サーモンの薬膳米粉ケークサレ【管理栄養士レシピ】

  5. チムシンジ(豚レバーと島人参の煎じ汁)【沖縄料理研究家レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬鍋・火・茹で不要!レンジでかぼちゃのクリームパスタ【管理栄養士レシピ】

  2. ♬レシピ動画♬ふわふわ食感の雲パン♡

  3. ♬レシピ動画♬ベーコンマスタードパイ*おやつやおつまみにも♪

ピックアップコラム

  1. 彩り豊かに目でも美味しく♪エディブルフラワーを使ってみよう!

  2. シークヮーサーの魅力と栄養・効能

  3. 琉球菓子の魅力・種類-現代の沖縄に伝わる-【沖縄料理研究家コラム】