郷土・地域別

ゴーヤーとパプリカの肉巻きガーリック焼き【管理栄養士レシピ】

調理時間
25分
費用目安
500円

ゴーヤー料理は、定番のゴーヤーちゃんぷるー、ゴーヤー天ぷら、ゴーヤードーナツ、ゴーヤー味噌焼き、ゴーヤーサラダ、ゴーヤー白和えなど苦味を活かした料理がたくさんあります。

今回は、免疫力を高め、1日分のビタミンCが摂取できるゴーヤーとパプリカの肉巻きレシピをご紹介します。

豚肉の良質たんぱく質は免疫細胞の材料・ビタミンB₁は疲労回復、にんにくのアリシンはビタミンB₁の吸収を助ける働きがあります。
ゴーヤーのビタミンCは病気予防、パプリカのビタミンAは皮膚や粘膜を守り感染予防、塩麹は発酵食品なので腸内環境を整えるなど、免疫力を高めるレシピです。

材料(3人前)

材料
分量
豚ロース薄切り
300g
ゴーヤー
1本
赤パプリカ
1個
黄パプリカ
1個
塩麹
大さじ2
小麦粉
適量
オリーブオイル
大さじ1
にんにく
1カケ

手順一覧

1

豚肉は塩麹で下味を付ける

2

パプリカは種を取り除き薄切りにする(薄切りにすると巻きやすい)

3

ゴーヤーは種とワタを取り除き、1㎝幅でパプリカの長さに合わせて切る

4

豚肉を1枚広げ、ゴーヤとパプリカを置き隙間がないように巻き、全体に薄く小麦粉を軽くまぶす。

5

フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れ弱火で熱し、香りが立ったら強火にして肉巻きを焼く。

6

両面に焼き色が付いたら、蓋をして弱火にし約10分焼く

7

お皿に盛り付けたら出来上がり(お好みでシークヮーサー果汁やレモン汁などで整える)

栄養価【1人分】

エネルギー384kcal、たんぱく質20.1g、脂質27g、炭水化物12.8g、ビタミンA47μg、ビタミンC135mg、塩分1.1g
*文部科学省「日本食品成分表七訂2020」参照

おすすめ!?レシピ

  1. 泡盛に合うおつまみ♪豚の甘辛煮【沖縄料理研究家レシピ】

  2. 焼き大根とアンチョビの絶品スパゲッティ【料理/食文化研究家レシピ】

  3. かぶときのこのサブジ(スパイス炒め蒸し)野菜の甘味を味わう♪【料理/食文化研究家レシピ】

  4. ペンネdeボロネーゼ*お手軽おうちカフェレシピ♪【管理栄養士レシピ】

  5. サーモン&じゃがいも&ズッキーニの簡単彩りサラダレシピ♪セルクル仕立て*

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬時短♪キャベツの豚バラ巻き

  2. ♬レシピ動画♬簡単楽チン炊飯器サラダチキン

  3. ♬レシピ動画♬簡単・時短バンバンジー

ピックアップコラム

  1. 体調も美容も整える*夏薬膳3つのポイントとおすすめ食材【国際薬膳師コラム】

  2. アスリート・スポーツ選手・スポーツをする方向けの食事・栄養素【管理栄養士コラム】

  3. かみにくい・飲み込みにくい方向けの食事【管理栄養士コラム】