食材・スーパーフード別

体が温まる*さけのかす汁(酒粕使用)〈新潟県レシピ〉

料理地域
新潟県
おすすめの季節

今回ご紹介する『さけのかす汁』は、酒粕を加えて煮込む粕汁(かすじる)に塩鮭と野菜を沢山入れたぽかぽか温まる郷土料理です。
粕汁は、酒粕が流通する地域では一般的な料理として出される冬の寒い時期には、とくにおすすめのレシピです。

「年末に塩鮭を一本手に入れた時など、頭などを有効に食べるために、家にある越冬野菜などを沢山入れた、身体が温まる汁物です。」(新潟市・レシピ考案者)

さけはたんぱく質、ビタミンB1、B2などが豊富で、栄養的にも優れて、良いだしが出ます。家にある野菜をうまく利用して主菜と副菜を兼ね備えたすばらしい一品です。

材料(4人分)

材料
分量
塩鮭
200g
さといも
5個
だいこん
1/3本
にんじん
1/2本
はくさい
3枚
えのき
1袋
ねぎ
1本
しらたき
1/2袋
酒かす
100g
みそ
大さじ2杯

手順一覧

1

酒かすをだし汁で軟らかくしておく。

2

塩鮭をぶつ切りにして、さっと熱湯をかける。

3

野菜を適当な大きさに切り、だいこんは一度茹でこぼす。

4

鍋に塩鮭と他の材料を入れて煮る。

5

材料に火が通ったら酒かすとみそを入れ、味を整える。

6

火を止める前にねぎを入れさっと煮る。

酒粕(可食部100g当たり)には、ビタミン類(ビタミンB2:0.26g、ビタミンB6:0.94g)、炭水化物(23.8g)、アミノ酸が豊富に含まれていて、体を温める効果があります。なお、アルコールが8.2gが含まれておりますので、アルコールを摂取しても良い状況でお召し上がりくださいね。

※出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)
わが家・我が地域の自慢料理(冬編)[北陸農政局]より(株)インフィニティラボ作成

酒粕レシピ

他の酒粕レシピについては、こちらもどうぞご覧ください♪ ポカポカ身体が温まりますよ☆



– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. モーウイ入り焼餅〈沖縄県レシピ〉

  2. ドラゴンフルーツの皮天ぷら♡丸ごとサステナブルレシピ

  3. 英語でCooking♪スモークサーモンとチーズの花手まり寿司【料理/食文化研究家レシピ】

  4. 小海老と白菜のもち麦入りリゾット☆食感も楽しめるレシピ!

  5. ミズとホヤの水物(みずとほやのみずもの)*郷土料理<青森県レシピ>

♬レシピ動画♬

  1. くるま麩とリンゴのクリームチーズのせ*簡単スイーツ♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

  2. 島野菜*田芋(ターンム)で大人な生チョコくるみ入り♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

  3. 島野菜ンスナバー(フダンソウ・スイスチャード)の簡単カラフルナムル♪レシピ動画

ピックアップコラム

  1. 食品ロスをふせぐ!食材保存方法と長持ちさせるポイント【管理栄養士コラム】

  2. 春薬膳から学ぶ*旬の食べ物を選ぶポイント3選【国際薬膳師コラム】

  3. 薬機法など関連法令を踏まえた食の情報発信時のポイントと気を付けたい表現