郷土・地域別

なまぐさ汁(なまぐさじる)*郷土料理<福井県レシピ>

地域
福井県(小浜市新保区)
主な食材
焼きサバ、麩、豆腐

福井県小浜市に伝わる郷土料理『なまぐさ汁』

焼きサバ(竹串にさした鯖の丸焼き)を使ってつくられ、サバの旨味とすこし甘みがある”すまし汁”で、名前からイメージする生臭さは全くなく、かつては精進明け(一定期間 喪に服すために肉や酒を絶ったあと)や祝い事の席では欠かせない料理でした。

その昔、若狭湾での中心地だった小浜市は、”背負い”と呼ばれる京都まで魚を徒歩で運ぶ”鯖街道”の出発点で、食に関して重要な役割を担っており、特に宮川地区にある六つの集落のうち、新保地域には新保山城(霞美ヶ城)があるため山を越えての食材も手に入りやすく、その恩恵を受け、この地域だけでつくられてきた伝承料理が「なまぐさ汁」とのことです。

具だくさんで汁というよりおかずに近い『なまぐさ汁』
福井県のおいしいお料理をぜひお召し上がりください。

材料(4人分)

材料
分量
焼きサバ
150g
7g
木綿豆腐
150g
ちくわ
150g
かまぼこ
1/2板
生しいたけ
20g
しめじ
20g
ねぎ
50g
水(だし汁)
4カップ
【調味料A】醤油
小さじ1
【調味料A】塩
小さじ1/2
【調味料A】砂糖
少々
焼きサバの頭
適量
昆布
適量

手順一覧

1

水を鍋に入れ、昆布・焼きサバの頭を入れて、沸騰したら昆布・焼きサバの頭を取り出す。(出汁を取る。)

2

焼きサバは大きめにほぐし、麩は水に浸けもどし水気をしぼる。

3

生しいたけは小ぶりのものなら1/4に切る。しめじは小房に分ける。

4

木綿豆腐は大き目に切り、ちくわは5mm程度の斜め切り、かまぼこは半分に切り5mm程度の厚さに切る。

5

ねぎは斜めに切る。

6

だし汁に調味料Aを入れ、生しいたけ・しめじ・ちくわ・麩・豆腐を入れて煮る。ほぐした焼き鯖を入れ、最後にかまぼことたっぷりのねぎを入れてひと煮たちする。

レシピ : 福井県食生活改善推進員連絡協議会
出典:うちの郷土料理[農林水産省]より(株)インフィニティラボ作成

PR

おすすめ!?レシピ

  1. きのこの月見スープ♪豆乳・生みそ・とろ~り卵の組み合わせ【管理栄養士レシピ】

  2. イラブチャー(ナンヨウブダイ)のふっくらソテーレシピ*ピィパーズの香り豊か♪

  3. ワンボウルペペロンチーノ*非常食・一人暮らしの方にも【みんなのレシピ】

  4. ふきのとう&たけのこご飯♪手軽に春のおもてなし【料理/食文化研究家レシピ】

  5. ウムニー〈沖縄県レシピ〉□栄養表示□

♬レシピ動画♬

  1. 島野菜シマナー(からしな)で*ご飯が進むお惣菜レシピ動画♪

  2. ♬レシピ動画♬ふわふわ食感の雲パン♡

  3. 島野菜*田芋(ターンム)で大人な生チョコくるみ入り♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

ピックアップコラム

  1. アスリート・スポーツ選手・スポーツをする方向けの食事・栄養素【管理栄養士コラム】

  2. 様々な冬野菜の栄養とおすすめの食べ方~旬の時期に食べたい!お薦めレシピ~

  3. 『拒食症-摂食障害』ー栄養カウンセリング・食の悩み相談事例【薬剤師コラム】