コ-co-ラボレシピ

長命草とミミガーのピーナツ味噌和え〈沖縄県レシピ〉□栄養表示□

料理地域
沖縄
沖縄食材
長命草、ミミガー

今回のレシピは、沖縄県農林水産物総合情報発信事業【くゎっちーおきなわ】より『長命草』を使った長命草とミミガーのピーナツ味噌和えレシピをご紹介します☆

長命草(和名:ぼたんぼうふう)
・長命草は、沖縄諸島に多く分布しているセリ科の植物で常緑多年草でサクナとも呼ばれています。内臓器官に良い効果があるといわれています。
・栄養分としては、カロテンやビタミンCおよびカルシウムを豊富に含んでおり、昔から風邪や咳止めに利用されてきました。根は煎じて飲むとよいとされています。
・山羊汁に入れたり、肉類と煮込んだり、白和えや天ぷら、刺身のツマなどに利用します。最近では粉末にして、沖縄そばや菓子に幅広い加工品としても製品化されています。
■選び方・保存法のポイント■
葉に白っぽい光沢があり、ツヤツヤしたものを選びます。保存する場合は、濡れた新聞紙などに包んでビニール袋にいれ冷蔵庫へ。

名前の由来はこれを食べると[長命になる草]との意味があります。沖縄地域では和え物、刺身のつま、汁物等に利用されています。このメニューは長命草の香りと、ミミガーとスーナ(おごのり)のコリコリした食感がよくあい、風味が良く人気が高い一品となっています。
長命草とミミガーのピーナツ味噌和えレシピ!是非、ご賞味くださいね☆「うさがみそーれ!」(沖縄方言:お召し上がりください)

材料(5人分)

材料
分量
長命草(サクナ)
10枚
ミミガー(スライス)
100g
スーナ(海藻)
50g
<ピーナツみそ>
 
ピーナツバター
40g
合わせみそ
40g
みりん
大さじ1
少々

手順一覧

1

サクナ(長命草)は千切りにし、水にさらしたあと水気を切っておく。

2

ミミガーは塩を加えたお湯でボイルする。

3

スーナは塩抜きし、さっとボイルする。

4

全部の【材料】を合わせて、ピーナツみそと和えて器に盛りつける。(酢はお好みにより加減してください)

5

※合わせ味噌の作り方
白みそ1kg、卵黄4個、みりん1カップ、酒1カップ、砂糖90gをあわせ、火にかけ練り合わす。

栄養素量(一人あたり)

栄養素量計算_長命草とミミガーのピーナッツ味噌和え

おすすめ!?レシピ

  1. 青菜と豆腐の中華蒸し*レンジで簡単本格だれ【料理/食文化研究家レシピ】

  2. さわらとほたてのアクアパッツァ*簡単&本格レシピ

  3. ゴーヤーとグレープフルーツのサラダ☆

  4. 鶏肉のトマト煮込みレシピ*完熟ドライトマトが濃厚【YOKOHAMADry乾燥野菜農福連携】

  5. 海ぶどうと山芋のなめ茸和え 腸活にも♪【管理栄養士レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬鍋・火・茹で不要!レンジでかぼちゃのクリームパスタ【管理栄養士レシピ】

  2. おうちでターンムパイ(田芋:島野菜)*市販のパイシートでお手軽レシピ♪

  3. ♬レシピ動画♬時短♪キャベツの豚バラ巻き

ピックアップコラム

  1. スパイスとハーブの嬉しい効果と役割~ひと振りで料理上手!お薦めレシピ紹介~

  2. 春薬膳から学ぶ*旬の食べ物を選ぶポイント3選【国際薬膳師コラム】

  3. 【腸活コラム】赤ちゃんの腸のベースをつくる4つのポイント