調理時間
60分以上
カロリー
310kcal(1/8個あたり)

長野県のくだもののなかで、最も多くの栽培面積と生産量を誇る「りんご」。
栽培は明治7年から始まり、現在では16万トンが生産される全国2位の産地です。
日照時間が長く、昼夜の気温差が大きいため、甘くて色づきの良いりんごが育ちます。

今回は、そんな「りんご」を使った、米粉のりんごタルトをご紹介します。
米粉のケーキは、小麦アレルギーに対応できることが魅力です。
タルト生地を冷蔵庫で休ませることで、生地の伸びを良くさせていますよ。
今回はりんごを使っていますが、他の果物でもフルーツタルトを楽しむことができますので、信州の果物がおいしい季節に合わせて、色々な食材で作ってみてください。

長野県の美味しいお料理「おあがりて!」(お召し上がりください)

材料(21cmタルト型1台分)

材料
分量
【タルト生地】
 
米粉
150g
小さじ1/2
グラニュー糖
小さじ1
無塩バター
75g
1個
【りんごソテー】
 
りんご
2個
無塩バター
20g
グラニュー糖
20g
ブランデー
適量
シナモンパウダー
適量
【米粉クリームソース】
 
米粉
50g
牛乳
50g
生クリーム
60g
2個
グラニュー糖
40g
バニラオイル
適量

手順一覧

1

【タルト生地作り】
材料をフードプロセッサーに入れて混ぜ、ひとつにまとめて冷蔵庫で2時間ほど休ませる。

2

1.をのばしてタルト型にあわせて貼り付け、生地の底にフォークで穴を開け、重石を乗せて200℃のオーブンで15分焼く。

3

【りんごソテー作り】
りんごの皮をむき、くし形にカットする。

4

フライパンにバターを溶かしてりんごをソテーし、グラニュー糖、ブランデーを加え、水分がなくなってきたらシナモンパウダーを振りかけて冷ます。

5

【米粉クリームソース作り】
材料を上から順番にボールに入れてよく混ぜる。

6

【成形】
「タルト生地」に「りんごソテー」を並べて、「米粉クリームソース」をかける。

7

160℃のオーブンで25分焼いたら出来上がり。

レシピ提供元

参照:おいしい信州ふーどネットHP
https://www.oishii-shinshu.net/recipe/recipe-matsumoto/3790.html

おすすめ!?レシピ

  1. 鯖缶アレンジ♪材料4つで鯖缶温玉丼【管理栄養士レシピ】

  2. ピーマン丸ごと辛味噌で!包丁いらずの時短サステナブルレシピ♪

  3. さくらんぼ&豆腐のヘルシークラフティで♪初夏のフルーツを楽しむ!【料理/食文化研究家レシピ】

  4. 厚揚げと焼きねぎの梅味噌おかか炒め*お弁当にも【料理/食文化研究家レシピ】

  5. 鶏れんこん♪ホクホクごろごろ食べ応え◎作り置きにも【管理栄養士レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬ふわふわ食感の雲パン♡

  2. ♬レシピ動画♬簡単・時短バンバンジー

  3. ♬レシピ動画♬ブロッコリーとアンチョビのベーグルサンド

ピックアップコラム

  1. 『便秘』ー栄養カウンセリング・食の悩み相談事例【薬剤師コラム】

  2. 琉球菓子の魅力・種類-現代の沖縄に伝わる-【沖縄料理研究家コラム】

  3. つらい冷え性と血行不良に効果的な食材・食事方法【薬剤師コラム】