調理時間
60分以上
カロリー
310kcal(1/8個あたり)

長野県のくだもののなかで、最も多くの栽培面積と生産量を誇る「りんご」。
栽培は明治7年から始まり、現在では16万トンが生産される全国2位の産地です。
日照時間が長く、昼夜の気温差が大きいため、甘くて色づきの良いりんごが育ちます。

今回は、そんな「りんご」を使った、米粉のりんごタルトをご紹介します。
米粉のケーキは、小麦アレルギーに対応できることが魅力です。
タルト生地を冷蔵庫で休ませることで、生地の伸びを良くさせていますよ。
今回はりんごを使っていますが、他の果物でもフルーツタルトを楽しむことができますので、信州の果物がおいしい季節に合わせて、色々な食材で作ってみてください。

長野県の美味しいお料理「おあがりて!」(お召し上がりください)

材料(21cmタルト型1台分)

材料
分量
【タルト生地】
 
米粉
150g
小さじ1/2
グラニュー糖
小さじ1
無塩バター
75g
1個
【りんごソテー】
 
りんご
2個
無塩バター
20g
グラニュー糖
20g
ブランデー
適量
シナモンパウダー
適量
【米粉クリームソース】
 
米粉
50g
牛乳
50g
生クリーム
60g
2個
グラニュー糖
40g
バニラオイル
適量

手順一覧

1

【タルト生地作り】
材料をフードプロセッサーに入れて混ぜ、ひとつにまとめて冷蔵庫で2時間ほど休ませる。

2

1.をのばしてタルト型にあわせて貼り付け、生地の底にフォークで穴を開け、重石を乗せて200℃のオーブンで15分焼く。

3

【りんごソテー作り】
りんごの皮をむき、くし形にカットする。

4

フライパンにバターを溶かしてりんごをソテーし、グラニュー糖、ブランデーを加え、水分がなくなってきたらシナモンパウダーを振りかけて冷ます。

5

【米粉クリームソース作り】
材料を上から順番にボールに入れてよく混ぜる。

6

【成形】
「タルト生地」に「りんごソテー」を並べて、「米粉クリームソース」をかける。

7

160℃のオーブンで25分焼いたら出来上がり。

レシピ提供元

参照:おいしい信州ふーどネットHP
https://www.oishii-shinshu.net/recipe/recipe-matsumoto/3790.html

– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. オートミールdeコーンチーズおかずマフィン♪粉・調味料・油不要【みんなのレシピ】

  2. 簡単レシピ♪5分でタコとラディッシュのマリネ

  3. 鯖缶と高野豆腐の味噌煮:保存食アレンジ災害時にも【管理栄養士レシピ】

  4. カツオと豆腐の漬け丼

  5. シイタテ!?バーガーレシピ☆(しいたけ&ホタテ)

♬レシピ動画♬

  1. 島野菜シマナー(からしな)で*ご飯が進むお惣菜レシピ動画♪

  2. パッションフルーツのぷるぷる南国ゼリー♪アガー使用*レシピ動画

  3. 島野菜カンダバー(八重山カズラ)と大豆ミートのパスタレシピ動画♪

ピックアップコラム

  1. ヘルシーなのに満たされる食事のポイントとは?ダイエット中の方は必見!【薬剤師コラム】

  2. 乾燥肌の予防と対策・必要な栄養素とは?【薬剤師コラム】

  3. 様々な冬野菜の栄養とおすすめの食べ方~旬の時期に食べたい!お薦めレシピ~