パッションフルーツはお花が特徴的で、昔は鑑賞用とされていましたが、明治以降に食用として人気になった果物。沖縄では4月ごろから夏にかけて出回ります。

果汁と種部分を食べるフルーツですが、種のプチプチ食感が楽しく芳醇な香りはリラクゼーション効果が感じられるほど♪また、甘酸っぱさが美味しい五感で楽しめる果物です。

パッションフルーツの主な栄養素は、余分な塩分(ナトリウム)を体外に排出するカリウム、体内でビタミンAに変換し、肌や粘膜の健康を保つβ-カロテンを含んでいます。

今回は、相性抜群なマスカルポーネチーズとラズベリージャムを使用し、おもてなしやパーティ-のデザートなどにもオススメなスイーツレシピをご紹介します。
一度食べたら虜になる味わい☆是非、作ってみてくださいね!

1人分の栄養価:エネルギー204kcal、たんぱく質2.5g、脂質13g、炭水化物18.5g、食物繊維0g、食塩相当量0g

材料(5人分)

材料
分量
パッションフルーツ
2個
【A】生クリーム
100g
【A】はちみつ
大さじ2~
マスカルポーネチーズ
100g
【B】ゼラチン
5g
【B】水
大さじ2
ラズベリージャム
大さじ2
【C】はちみつ
大さじ1
【C】水
100ml
ゼラチン
2g
【調理器具】
 
クッキングシート、パウンド型(またはタッパー等)
 

手順一覧

1

型に合わせ、クッキングシートを切り、型に敷いておく。

2

パッションフルーツは、半分に切り果汁と種部分を器に取り出す。

3

ボールに【A】を加え、泡立て器で角が立つまで泡立て、マスカルポーネチーズ、2.の半分を加え混ぜ合わせる。

4

耐熱容器に【B】を入れて軽く混ぜ、電子レンジ500wで10~15秒程温め溶かし、3.に加え混ぜ合わせる。
1.の型に半分量流し込み、真ん中にラズベリージャムを入れ、残りを流し入れ平らにして冷蔵庫で30分冷やし固める。

5

小鍋に【C】を入れて弱火で加熱し、はちみつが溶けたら火を止め、軽く粗熱がとれたらゼラチンを加え溶かす。
常温になったら、2.の残りを加え軽く混ぜ、4.の上に流し入れ、約1時間冷やし固める。

6

食べる直前に、型から取りだし、食べやすい大きさに切って出来上がり♪

ポイント

■ラズベリージャムはイチゴジャムなどでも代用可能です。
■ゼラチンは、沸騰させると固まりにくい性質があります。レンジや火から下ろして粗熱がとれてから加えましょう
■今回は型を使用しましたが、グラスやガラス容器に作ってもお手軽にできますよ。

栄養価計算表

パッションフルーツの濃厚チーズケーキ栄養価計算表

おすすめ!?レシピ

  1. 鶏れんこん♪ホクホクごろごろ食べ応え◎作り置きにも【管理栄養士レシピ】

  2. 鶏ささみ肉とカリフラワーの美肌サラダ ~特製パッションフルーツドレッシング~【管理栄養士レシピ】

  3. 紅いもご飯〈沖縄県レシピ〉□栄養表示□

  4. スパイス香る粒あんこ♪トーストやアイスに添えても◎

  5. ナーベーラーとピーナツ豆腐の揚げ出し〈沖縄県レシピ〉

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬ブロッコリーとアンチョビのベーグルサンド

  2. ♬レシピ動画♬簡単楽チン炊飯器サラダチキン

  3. ♬レシピ動画♬喫茶店風固めプリン*おうちで作れる

ピックアップコラム

  1. フルーツで感じる季節・ヨーロッパの四季【料理/食文化研究家コラム】

  2. 『便秘』ー栄養カウンセリング・食の悩み相談事例【薬剤師コラム】

  3. 『過食症-摂食障害』ー栄養カウンセリング・食の悩み相談事例【薬剤師コラム】