ジューシーに焼き上げた鶏もも肉に、甘辛いたれをからめていただく王道の照り焼きチキン。

ちょっとした焼き方のコツを押さえることで、香ばしさのあるやわらかなチキンに。そして今回は、旨みのある鶏の脂で季節の野菜とねぎを一緒に焼いて、ほんのりカレーの風味をまとった照り焼きだれで作ります。

食欲をそそるスパイシーなカレー味の照り焼きだれは、肉にも野菜にもよく合って、ご飯のすすむ味わい。どなたにも食べやすい味付けで、し暑さの感じられる季節には特に美味しい一品です。

*ページ下部から英語翻訳した「English ver. レシピ」もご覧いただけますので、ぜひお役立てください♪

材料(2人分)

材料
分量
鶏もも肉
1枚(約300g)
長ねぎ
1/2本
ズッキーニ
1/2本
適量
【A】醤油
大さじ1と1/2
【A】酒
大さじ1と1/2
【A】本みりん
大さじ1
【A】砂糖
大さじ1
【A】カレー粉
小さじ1/2

手順一覧

1

【A】はよく混ぜておく。
長ねぎは食べやすくぶつ切りにする。ズッキーニは1cm厚さの輪切りにする。

2

鶏もも肉は余分な脂を取り除き、厚みのある部分に包丁で切り込みを入れて、両面に塩・こしょうを振る。

3

冷たいフライパンに油を引いて、鶏もも肉を皮目から広げ入れる。中弱火にかけて、皮の部分にこんがりきれいな焼き色がつくまで焼く(※8~9分程度が目安)。その周りに野菜も並べて、鶏の脂をなじませながら焼き上げる。

4

鶏肉の皮面がこんがり焼けたら肉をひっくり返し、すぐに弱火にして、肉に火が通るまで焼く(およそ2分程度)。野菜は焼けたらそのつど取り出しておく。

5

火を止めて余分な油をキッチンペーパーでしっかりと拭い、【A】を加える。再び火を点けて、中火で鶏肉によくからめ、なじんだら肉を取り出して食べやすく切る。フライパンに残ったたれを煮詰め、とろみがついたら肉と野菜にかけていただく。

ポイント

●鶏もも肉は、できれば調理の15~30分前に冷蔵庫から出しておくと焼きムラが防げます。また、皮をきれいに伸ばしてから焼き上げるとできあがりがきれいです。
●野菜は、季節ごとにお好みのものでお楽しみください。

English Ver.レシピ

外国人の方へのご紹介やおもてなし、英語学習のご参考に、以下英語翻訳版のレシピもご活用ください♪

PR

おすすめ!?レシピ

  1. 柔らかローストビーフ♪炊飯器で時短レシピ!【管理栄養士レシピ】

  2. 島野菜*田芋(ターンム)で大人な生チョコくるみ入り♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

  3. 大根寿し〈石川県レシピ〉

  4. 島ニンジンと鶏肉の薬膳スープ♪低脂肪で食物繊維たっぷり【沖縄料理研究家レシピ】

  5. オートミールのコチュジャンスープレシピ!シャキシャキ食感♪

♬レシピ動画♬

  1. おうちでターンムパイ(田芋:島野菜)*市販のパイシートでお手軽レシピ動画♪

  2. 島ニンジンのやみつきカレーソテーレシピ動画*ヨーグルトソース♪沖縄島野菜

  3. 島野菜フーチバー(ニシヨモギ)の万能ジェノベーゼソース♪レシピ動画♪

ピックアップコラム

  1. 外出自粛時・防災のための食材保存と活用レシピ【管理栄養士コラム】 

  2. 離乳食を作る際に意識したいポイント・レシピ例・注意点【管理栄養士コラム】

  3. つらい冷え性と血行不良に効果的な食材・食事方法【薬剤師コラム】