四季・節目・行事別

根菜煮込み『だぶ』*郷土料理〈九州レシピ〉

料理地域
福岡県、佐賀県
食のタイミング
祭り、祝い、憂い時

「だぶ」は、根菜類を鶏のだしで煮込んだ、心も体も温まる九州の郷土料理です。主に福岡県・佐賀県に伝わる料理です。

この料理は、元々、煮しめなどを作ったときの野菜の切れ端を活用した賄い料理だったのですが、今では、季節折々の祭りや祝い事・仏事に作られています。煮くずれしやすい材料は使わず、水を多く入れて“ざぶざぶ”つくることから、なまって、“だぶ”と呼ばれるようになったと言われています。お祝いなどのハレの日は四角に、憂いなどのケの日には三角に切る工夫をされている地域もあるようです。
また、だぶ専用の茶碗(だぶ茶碗)や飾り麩などもあり、一つの文化にもなっています。ご紹介したレシピのとおりでなくても、あり合わせの材料でおいしく作れます。

材料(4人分)

材料
分量
さといも
100g
にんじん
40g
ごぼう
40g
れんこん
40g
こんにゃく
1/3丁
厚あげ
1/3丁
かまぼこ
1/3本
干ししいたけ
中2枚
鶏肉
100g
片栗粉
10g
しょうゆ
小さじ2
小さじ1
白だし
小さじ2
だし汁(昆布)
700㏄
花ふ(お好み)
少々
おろししょうが
少々

手順一覧

1

野菜、鶏肉、こんにゃく、厚あげ、かまぼこ、戻した干ししいたけは、すべて1cm角のさいの目に切る。

2

さといもを一度ゆでこぼす。

3

野菜、鶏肉、こんにゃく、厚あげ、かまぼこ、干ししいたけとだし汁を鍋に入れて煮る。

4

煮えたら、花ふ、しょうゆ、塩、白だしを入れる。

5

水溶き片栗粉でとろみをつけ、器に盛りつけ、お好みでおろししょうがをのせればできあがり。

提供:地域の食材を使った郷土料理[農林水産省]より(株)インフィニティラボ作成

– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. ほうれん草の常夜鍋:毎日お鍋♡金曜日【管理栄養士レシピ】

  2. 白菜と豚肉のレモン鍋:毎日お鍋♡火曜日【管理栄養士レシピ】

  3. 完熟マンゴーと白ワインのテリーヌ*マスカルポーネ添え【管理栄養士レシピ】

  4. 和風豆乳ドレッシングレシピ

  5. オーツミルクで*酒粕いちごホットドリンク♪材料3つ【料理/食文化研究家レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. 鮭のソテー*イーチョーバー(フェンネル)爽やかサワーソース♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

  2. 島ニンジンのやみつきカレーソテーレシピ動画*ヨーグルトソース♪沖縄島野菜

  3. 島かぼちゃの簡単ムース♪材料3つ島野菜スイーツレシピ動画

ピックアップコラム

  1. 【腸活コラム】赤ちゃんの腸のベースをつくる4つのポイント

  2. 春薬膳から学ぶ*旬の食べ物を選ぶポイント3選【国際薬膳師コラム】

  3. かみにくい・飲み込みにくい方向けの食事【管理栄養士コラム】