栄養素別

簡単♪小松菜とむきエビのピリ辛中華スープ【管理栄養士監修】

調理時間
10分
主な栄養素
βカロテン、カリウム

小松菜は、冬から春が旬で、今が一番美味しい時期。寒さに強く、霜が降りたあとは甘みが増し、葉が柔らかくなるのが特徴です。主な生産地は、埼玉県、東京都、神奈川県などで栽培されています。

小松菜は、ビタミンやミネラルが豊富で、栄養価が高い緑黄色野菜。体内でビタミンAに変換されるβ―カロテンカリウムが多く含まれています。

ビタミンAは、目の健康、皮膚や粘膜の健康を保つ、老化防止や病気予防などの働きがあります。小松菜のビタミンA(レチノール活性当量)は、100g中260μg(※1)。日本人の食事摂取基準によると、成人女性1日のビタミンA推奨量は、【18~29歳650μg/30~74歳700μg】(※2)です。小松菜は1束200~300gなので、スープの1人分では、1日分のビタミンA約1/3量は摂取できますね。さらに油脂に溶ける脂溶性ビタミンなので、油と一緒に摂取することで吸収が高まります。今回のレシピはごま油を使用しているためビタミンAが効率よく吸収できるレシピです。

その他主な栄養素は、体内の水分調整・ナトリウムを体外に排出し、血圧を正常に保つ働きがあるカリウム、神経の安定・骨や歯を丈夫にするカルシウム、赤血球をつくり貧血予防の、風邪予防やストレスから身を守るビタミンCなどを含みます。

エビは良質たんぱく質で低脂肪♪ピリ辛で寒い季節におススメなスープです。

参照
※1 文部科学省 日本食品成分表七訂2020
※2 厚生労働省 日本人の食事摂取基準2020

【栄養コメント監修:沖縄料理研究家・管理栄養士 宮澤かおるさん】

材料(3~4人分)

材料
分量
小松菜
2束
チンゲン菜
1束
冷凍むきエビ
20個程度
800cc
A.顆粒中華だし
大さじ1
A.醤油
小さじ1
A.豆板醤
小さじ1
A.ごま油
小さじ1

手順一覧

1

小松菜とチンゲン菜を食べやすいサイズに切ります。

2

鍋で水を沸騰させ、小松菜・チンゲン菜・むきエビを入れます。

3

火が通ったら、Aを入れて混ぜたら出来上がり☆

ポイント

*冷凍むきエビは、大きさによって量を調整してくださいね。
(今回のレシピでは小ぶりなものを使っています)

– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. ピザトースト*沖縄の重箱リメイクレシピ【サスティナブルレシピ】

  2. 紅いもご飯〈沖縄県レシピ〉□栄養表示□

  3. ブロッコリーのツナ卵炒め*ご飯がすすむ一皿【料理/食文化研究家レシピ】

  4. パクチー香る♪減塩タイ風焼きそば!塩分・カロリーカット【管理栄養士レシピ】

  5. ゆでたまごと春野菜のグリーンソース添え*フレッシュな風味【料理/食文化研究家レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. 島ニンジンのやみつきカレーソテーレシピ動画*ヨーグルトソース♪沖縄島野菜

  2. 島野菜*田芋(ターンム)で大人な生チョコくるみ入り♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

  3. 鮭のソテー*イーチョーバー(フェンネル)爽やかサワーソース♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

ピックアップコラム

  1. 夏に食べたい食欲をそそるおすすめ食材【料理・食文化研究家コラム】

  2. 様々な冬野菜の栄養とおすすめの食べ方~旬の時期に食べたい!お薦めレシピ~

  3. 薬機法など関連法令を踏まえた食の情報発信時のポイントと気を付けたい表現