調理時間
10分(干し時間除く)

今回は、ピリ辛具合が食欲をそそる、干し茄子を使った「旨辛麻婆干し茄子」をご紹介します。

みなさんは干し野菜を作ったことはありますか?
一般的に、野菜を天日干しすることで、より保存期間が長くなるのはもちろんのこと、ビタミンやミネラル等の栄養が増すと言われています。さらに、甘みが増しうまみが凝縮されるなど、嬉しいことがたくさん♪

作り方は簡単で、晴れていて乾燥している日に、風を通しやすい「かご」や「ざる」に切った野菜を広げて干すだけ。太陽の恵みをお手軽にありがたくいただくことができます。

ぜひ試してみてくださいね*

[レシピ提供者:菜園男子GOUさん]

材料(2~3人分)

材料
分量
⼲し茄⼦
2本
ミニトマト
6個
合いびき肉
100g
⽩ネギ
1本
ニラ
1束
⽣姜
1/4⽚
ニンニク
1⽚
⾖板醤
⼩さじ1
ごま油
⼤さじ1×2
⽔溶き⽚栗粉
⼤さじ2
<調味料>
 
鶏ガラスープ
200cc
醤油
⼤さじ2
砂糖
⼤さじ1

手順一覧

1

【下準備】
茄⼦のヘタを切り落とし、1cm 厚さの薄切りにし、ザルに並べ⾵通しの良い場所で3〜4時間⼲す。⽩ネギ、ニラ、⽣姜、ニンニクはみじん切り、ミニトマトは半分に切る。

2

フライパンにごま油を熱し、⽩ネギ、⽣姜、ニンニク、⾖板醤を中⽕で炒め、⾹りが⽴ってきたら合いびき⾁を加えて⽕を通す。茄⼦、ミニトマトを⼊れて炒め合わせる。

3

茄⼦がしんなりしてきたら調味料を⼊れ、中⽕で1分煮る。煮⽴ったら⽔溶き⽚栗粉を回し⼊れてとろみをつけ、ニラを加えて絡める。

4

最後にごま油をまわしかけ、⾹りを引き⽴てる。器に盛りつけて完成。

ポイント

⼲し茄⼦はカラカラになるまで⼲すのではなく、中に⽔分が残っている程度の半⼲しにするとちょうど良いです。なるべく⽇当り・⾵通しが良い場所で⼲しましょう。
他にも、ミニトマトや⼈参、葱やパセリ、レンコン、ごぼう、ゴーヤなどの⼲し野菜が出来ます。

– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. 夏の薬膳スイーツ♪簡単ココナッツミルクプリン【国際薬膳師レシピ】

  2. 鰯缶レシピ:混ぜるだけ食べ方三通り!災害時にも【管理栄養士監修】

  3. レバーとブロッコリーのアンチョビ炒め*低糖質&元気モリモリ【みんなのレシピ】

  4. タラの香草パン粉焼き♪簡単カロリーオフ【管理栄養士レシピ】

  5. 紫レシピ♪紅芋or紫芋パープルディップソースdeパープルサラダ♡

♬レシピ動画♬

  1. 島ニンジンのやみつきカレーソテーレシピ動画*ヨーグルトソース♪沖縄島野菜

  2. 島野菜フーチバー(ニシヨモギ)とタンカンの簡単マフィンレシピ動画♪

  3. ♬レシピ動画♬鍋・火・茹で不要!レンジでかぼちゃのクリームパスタ【管理栄養士レシピ】

ピックアップコラム

  1. 彩り豊かに目でも美味しく♪エディブルフラワーを使ってみよう!

  2. 『アトピー性皮膚炎』と栄養アプローチ【栄養カウンセリング事例・薬剤師コラム】

  3. 乾燥肌の予防と対策・必要な栄養素とは?【薬剤師コラム】