食材・スーパーフード別

牡蠣と白ねぎの豆鼓(トウチー)中華炒め【料理/食文化研究家レシピ】

今年も牡蠣の美味しい季節がやってきました。煮ても焼いても美味しい牡蠣ですが、今回はご飯によく合う食欲そそる炒め物をご紹介します。

味付けに使う豆豉醤(トウチジャン)は、最近はスーパーでも見かけるようになった本格中華の調味料。豆や麹の風味に加え、発酵食品ならではの力強い旨味があるので、さまざまな料理に使うことができます。

ぷっくりした牡蠣は、寒さにあたり甘みを増した白ねぎとの相性が抜群。しっかりめの味付けで、添えた春菊と一緒に美味しくいただけば、野菜もたっぷり食べることができます。冬場に嬉しい栄養素が詰まったひと皿、ぜひお召し上がりいただけたら嬉しいです。

材料(2~3人分)

材料
分量
牡蠣(加熱用)
200g
長ねぎ(白い部分のみ)
1本(150g)
春菊
30g
にんにく
1/2片
しょうが
1/2片
ごま油
大さじ1
片栗粉
適量
【A】水
大さじ1
【A】豆豉醤(トウチジャン)
小さじ2と1/2
【A】酒
小さじ2と1/2
【A】砂糖
小さじ1と1/3
【A】醤油
小さじ1/2

手順一覧

1

牡蠣は3%の濃度の塩水(水1カップに塩小さじ1を溶かしたもの)の中で振り洗いし、何度か水を替えて汚れを落とす。ザルにあげて、キッチンペーパーで水気を取る。

2

長ねぎは、白い部分のみを1cm幅の斜め切りにする。
春菊は葉先のやわらかい部分を摘み取り、盛り付け皿に先に敷いておく。
にんにく、しょうがはみじん切りにする。【A】は混ぜ合わせておく。

3

フライパンに油小さじ2(分量外)を引いて、薄く片栗粉をはたいた牡蠣を焼く。両面に焼き色がつき、全体がぷっくりしたら一度取り出す。

4

フライパンの汚れをキッチンペーパーでざっと拭き取り、改めてごま油、にんにく、しょうがを入れて火にかける。香りが立ったら長ねぎを加えて中火で炒め、ツヤが出たら水大さじ2(分量外)を振って蓋をし、ねぎがやわらかくなるまで4~5分、中弱火で蒸し焼きにする。

5

ねぎに火が通ったら【A】を加えてからめ、牡蠣も戻して中弱火でよくからめながら中までしっかりと火を入れる。

6

5.をたれごと春菊の上に盛り付け、一緒にからめながらいただく。

ポイント

●牡蠣は濃いめの塩水の中で洗うと旨味が逃げにくくなります。特にひだの部分に汚れが多くあるのでそのあたりを丁寧に洗いましょう。
●牡蠣を焼く時は、あらかじめ片栗粉を薄くつけておくと身が縮みにくく旨味も逃げにくくなります。
●春菊は、茎も使いたい場合は小口切りにすると食べやすいです。

PR

おすすめ!?レシピ

  1. 大根ステーキのヘルシーそぼろあんかけ☆ダイエットにも

  2. むぎ茶わらび餅レシピ

  3. 芋の包み揚げ〈沖縄県レシピ〉□栄養表示□

  4. 材料3つで♪スノーボール【こどもレシピ:みんなのレシピ】

  5. サバ缶ミートソース♪忙しいときや作り置きにオススメ【料理/食文化研究家レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬簡単・時短豚もやし

  2. ♬レシピ動画♬時短♪キャベツの豚バラ巻き

  3. スターフルーツと玉ねぎの和洋折衷サラダ♪星型が可愛い簡単レシピ動画食べ方付き

ピックアップコラム

  1. 彩り豊かに目でも美味しく♪エディブルフラワーを使ってみよう!

  2. アスリート・スポーツ選手・スポーツをする方向けの食事・栄養素【管理栄養士コラム】

  3. 外出自粛時・防災のための食材保存と活用レシピ【管理栄養士コラム】