調理時間
40分(除く炊飯時間)
作りやすさ
上級者向け

アマゴはサケ科に属するサクラマスの亜種とされる渓流魚です。

旬は春~初夏で、天然物はなかなか手に入りにくいですが、養殖物は西日本のスーパーに並ぶようになってきており、比較的手に入りやすいです。

アマゴは上品な味で身も柔らかく、塩焼きももちろん美味しいですが、今回はもち麦入りの酢飯を詰めて蒸し姿寿司にしてみました。
少し手間は要しますが、アマゴが手に入る方は、ぜひお試しくださいね♪

材料(4人分)

材料
分量
アマゴ
4尾
塩コショウ
少々
料理酒
大さじ2
ご飯(お好みでもち麦入り):すし飯用
3合
<すし酢(3合分)>
 
A.米酢または穀物酢
大さじ4
A.砂糖
大さじ4~5
A.塩
小さじ1~2
B.鰹と昆布の顆粒だし(入れなくても可)
8g

手順一覧

1

炊飯器でご飯(お好みでもち麦入り)を3合炊く。

2

ボールにAとBを入れ混ぜ合わせ、すし酢を作る。

3

炊き上がったご飯を寿司桶などに移し、2.を入れて混ぜ合わせ粗熱をとる。

4

すし飯(約100~150g)をラップでくるみ、棒状に形を整える。

5

アマゴを流水で洗いヌメリを取る。アマゴの腹側を包丁で切る。流水でアマゴの内臓、エラ、背びれ、腹びれ、中骨を取り除く。キッチンペーパーなどで水分を拭きとる。

6

5.に塩コショウ、料理酒で下味を付け10分以上置く。

7

棒状にしたすし飯を6.に詰める。

8

ラップで7.を巻き、爪楊枝などで数か所穴を開ける。

9

蒸し器で中火で15~20分蒸す。電子レンジの場合は、600Wで5~6分温める。

10

(バーナーがあれば)9.のラップを取りバーナーで焦げ目を付けて、粗熱をとる。
※バーナーが無い場合は、焦げ目をつけなくても美味しくいただくことができます。焦げ目をつけると、より風味と食感が感じられます。

11

冷蔵庫で1時間以上置きカットして器に盛り付ける。

ポイント

すし飯が残った場合は、冷凍保存しておくと便利です。
ちらし寿司等にお使いいただけます。

おすすめ!?レシピ

  1. 牡蠣と柚子のぷるぷる和風ゼリー寄せ♪食感◎

  2. パールゴーヤーとマクワウリのサラダ*五感を満たすレシピ♪

  3. 南国マンゴーのソイジェラート♡溶けにくくて絶品♪【沖縄料理研究家レシピ】

  4. まめまめマキベリースムージー

  5. 秋の薬膳スイーツ♪白キクラゲの簡単美肌潤いデザート【国際薬膳師レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬鍋・火・茹で不要!レンジでかぼちゃのクリームパスタ【管理栄養士レシピ】

  2. ♬レシピ動画♬ブロッコリーとアンチョビのベーグルサンド

  3. ♬レシピ動画♬簡単・時短豚もやし

ピックアップコラム

  1. 【腸活コラム】子供の便秘の理由と改善方法~子どもの便秘が増加中?!~

  2. 薬膳から学ぶ*冬の体と食と健康3つのポイント【国際薬膳師コラム&レシピ】

  3. 食の情報発信時のポイントと保健機能食品における表現方法例