調理時間
20分(冷蔵時間除く)
費用目安
400円前後

暑い日が続くと、あまり食欲が出ない・・・
そんな時でもサラッと食べられて、栄養が摂れる、冷や汁はいかがですか?

冷や汁は主に宮崎県で食されている郷土料理。
本格的な冷や汁はお魚の身と味噌、白ごまをすり鉢ですって・・と少し手間がかかるのですが、今回は手軽に作ることができるよう、ツナ缶を使い、すり鉢なしで作ります。

味にコクを出すポイントは味噌とピーナッツバターを混ぜて、オーブントースターで焼き色を付けること。
そうすることで風味豊かになり、サラッとしながらもおいしくいただけます。

塩もみしたきゅうりをのせ、薬味もプラスしてアクセントに!
つめたく冷やしてご飯にかけて、召し上がってくださいね♪

材料(2人分)

材料
分量
【A】味噌
大さじ2
【A】ピーナッツバター
大さじ2
【A】ツナ缶(水煮)
小1缶(70g)
【A】白すりごま
大さじ1
冷たいだし汁
250~300cc
豆腐(絹でも木綿でも)
1/2丁
大葉
4枚ほど
みょうが
1~2本
きゅうり
1/2本
白いりごま
適量
ごはん
2膳分

手順一覧

1

【下準備】
だし汁は冷蔵庫で冷やしておく。

2

きゅうりはよく洗い、スライサーなどで薄い輪切りにしてボウルに入れ、塩ひとつまみ(分量外)をまぶし、塩もみする。
5分ほど置き、しっかりと水気を切る。

3

みょうがと大葉はよく洗い、千切りにしておく。

4

別のボウルに【A】を入れ、全体をよく混ぜ合わせてツナ味噌ペーストをつくる。
アルミホイルの四方を立てて皿状にし、混ぜたペーストをのせ、薄くのばし、オーブントースターなどで焼き色がつくまで焼く。(5~6分ほど目安)焼き色がついたら取り出し、粗熱を取る。

5

ボウルに4.を入れ、だし汁を少しずつ加えながらペーストが滑らかになるまでよく混ぜる。
さらにここで豆腐を手でちぎりながら加え、一緒に混ぜ合わせる。
(味をみながらお好みの濃さになるようにだし汁の量を調整する。)
出来上がったら冷蔵庫で冷やす。

6

食べる直前に冷蔵庫から取り出し、塩もみしたきゅうり、みょうが、大葉をのせ、お好みで白ごまを散らして出来上がり♪
ご飯にかけたり、うどん、そうめんと共にいただく。

ポイント

■ツナ缶の水煮は汁ごと使ってくださいね♪(味に深みがでます)
■ピーナッツバターのかわりに白練りごまでも代用できます。
■味が薄ければ、お好みでお醤油を少し加えても◎

PR

おすすめ!?レシピ

  1. シイタケのきんぴらおにぎり*丸ごと活用サステナブルレシピ♪

  2. Temari Sushi (japanese style ball-shaped-sushi) with smoked salmon and cheese

  3. あさりとほうれん草のスープパスタレシピ

  4. ベジブロス*こどもが喜ぶ丸ごと野菜のだしスープ【みんなのレシピ】

  5. 旬の野菜×玄米で『野菜寿司』【管理栄養士レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. 島野菜フーチバー(ニシヨモギ)の万能ジェノベーゼソース♪レシピ動画♪

  2. 鮭のソテー*イーチョーバー(フェンネル)爽やかサワーソース♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

  3. ♬レシピ動画♬簡単楽チン炊飯器サラダチキン【管理栄養士レシピ】

ピックアップコラム

  1. 食品ロス削減に向けて家庭で取り組めること【管理栄養士コラム】 

  2. フルーツで感じる季節・ヨーロッパの四季【料理/食文化研究家コラム】

  3. 夏に食べたい食欲をそそるおすすめ食材【料理・食文化研究家コラム】