島カボチャは沖縄で昔から食べられてきた在来種、沖縄伝統野菜のひとつ。
沖縄では「ナンクワー」・「チンクァー」と呼ばれています。

島カボチャは日本カボチャの系統で、暑さにも病害虫にも強く、家庭栽培に適しています。長期間常温で保存でき、栽培期間も長いことからとても重宝されてきました。
島カボチャは水分が多く、あっさりとした食感でほんのり甘いのが特徴。収穫後10日~2週間ほど置くとでんぷんが糖に変わってさらに美味しくなります。

そんな島カボチャを、今回は食物アレルギーをお持ちの方でもおいしくいただけるお米のパンケーキにしてみました♪

かぼちゃに含まれるカロテンやビタミンB1・ビタミンB2、ビタミンCは、風邪や疲労回復に効果が期待できますし、さらにアレルギーの方には、βカロテンが体内でビタミンAに変換され、パサパサになった髪の健康維持やのどや皮膚の粘膜を正常にしてくれる働きがあるのでおすすめです。

また、白砂糖はアレルギーをお持ちの方は避けた方が良く、腸内環境を整えることも重要なポイントなので、発酵食品の甘麹をレシピに取り入れてみました。
(甘さがほしいときは、はちみつやオリゴ糖をおすすめします)

ぜひ作ってみてくださいね♪

材料(3枚分)

材料
分量
【A】島かぼちゃ
50g
【A】お米
100g(浸水後130g)
【A】甘麹
大さじ2
【A】水
50g
【A】自然塩
2g
【A】レモン汁
小さじ1
米油
20g
ベーキングパウダー(アルミ不使用)
4g
【使用する器材】
ミキサー、電子レンジ

手順一覧

1

【前日の下準備:お米を浸水させる】
前日にお米を軽く洗い、容器にお米と水1カップ(分量外)を入れて冷蔵庫で浸水させておく。

2

島カボチャをひとくちサイズに切って、ラップをして電子レンジ600wで3分加熱し、つぶしてペースト状にする。

3

ミキサーに【A】の材料を入れて2分撹拌し、滑らかになったら米油を加えてさらに撹拌する。

4

3.で出来た生地をボールに移し、ベーキングパウダーを加えてゴムベラで手早く混ぜる。

5

4.をフライパンで中弱火で焼いたら出来上がり♪

ポイント

■おいしく焼き上げるポイントは、【A】の材料をミキサーで滑らかになるまで撹拌することと、米油を加えてもっちり感が出るまで撹拌することです。

食物アレルギー配慮レシピ*お米から作るカボチャのパンケーキ4

おすすめ!?レシピ

  1. 疲労回復レシピ・豚肉の簡単とんかつ風焼き【管理栄養士レシピ】

  2. お芋とチーズのマヨ和え*秋の夜長に

  3. まろやかトマトスープ‥‥お疲れ気味の方に【管理栄養士監修】

  4. 紅いもごまだんご〈沖縄県レシピ〉

  5. 鯖缶と高野豆腐の味噌煮:保存食アレンジ災害時にも【管理栄養士レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬ブロッコリーとアンチョビのベーグルサンド

  2. ♬レシピ動画♬喫茶店風固めプリン*おうちで作れる

  3. ♬レシピ動画♬簡単楽チン炊飯器サラダチキン

ピックアップコラム

  1. 沖縄の器【やちむん】を知って毎日の食事を楽しむ3つのポイント[沖縄料理研究家コラム]

  2. 『拒食症-摂食障害』ー栄養カウンセリング・食の悩み相談事例【薬剤師コラム】

  3. 体調も美容も整える*夏薬膳3つのポイントとおすすめ食材【国際薬膳師コラム】