五感別

えんどう豆の豆ご飯*豆のうま味と香りが楽しめる♪

調理時間
10分(炊飯・蒸し時間除く)
主な食材
えんどう豆

畑で育てた無農薬の旬の「えんどう豆」を使って豆ご飯を炊きました。
鮮度の良いえんどう豆は、特に甘味と香りが良く、今が旬!なので野菜の直売所でもよく見かけます。

塩(or出汁塩)を加えることで、より「えんどう豆」のうま味と甘味、香りが引き立ちます。

おにぎりにしても美味しく、桜えびを加えたり等色々とアレンジして楽しむこともできますので、ぜひお試しください。

(ちなみに・・・)
自宅の畑では、他の種類の豆も育てていますが、豆の中で特に野鳥が好んで食べるのが、 えんどう豆です!野鳥達も美味しいものを良く知っているのでしょうね♪

材料(3合分)

材料
分量
3合
むきえんどう豆
約230g
料理酒
大さじ1
塩(or出汁塩)
小さじ2
出汁昆布(出汁塩ではなく普通の塩を使う場合)
5cm×5cm

手順一覧

1

【下準備:えんどう豆をむく】
弓なりに湾曲した実の先端を上にして、縦に持ち親指で強めに押す。
開いた先端から下に向かって開く。
親指で手前から先端に向かって豆を押し出す。

2

米を研ぎ、炊飯器の内釜に入れる。

3

2.に3合の目盛りまで水を入れて40分以上おく。

4

3.に料理酒、塩を入れて混ぜ、昆布とえんどう豆を乗せ炊飯する。

5

炊き上ったら10分~15分蒸らし出来るだけ豆が潰れないように混ぜる。

6

器に盛り付けて出来上がり。

ポイント

■サヤ付きえんどう豆が無い場合は、缶詰や冷凍のグリーンピースでも代用可です。
■むきエビやあさりを加えると、よりボリュームが感じられ、おかずが無くても満足感のあるメニューになります。
■お米3合の場合、サヤ付きえんどう豆:約530gをむくと約230gになります。

■お米1合の場合
むきえんどう豆の場合:約75g
料理酒:小さじ1
塩(or出汁塩):約3.3g
(出汁塩が無い場合):出汁昆布:約1.7×1.7㎝

■お米2合の場合
むきえんどう豆の場合:約150g
料理酒:小さじ2
塩(or出汁塩):約6.6g
(出汁塩が無い場合):だし昆布:約3.5×3.5㎝

おすすめ!?レシピ

  1. ボイルイカとブロッコリーのわさび麹マリネ♪【管理栄養士レシピ】

  2. ズッキーニの豚ロース巻き♪ニンニク塩だれで食欲そそる!

  3. カッサータ♪シチリアの伝統スイーツ☆おしゃれ&簡単レシピ

  4. 食物アレルギー配慮レシピ*お米から作る♪ゴーヤー入りパン(小麦・卵・大豆・砂糖不使用)

  5. 完熟マンゴーと白ワインのテリーヌ*マスカルポーネ添え【管理栄養士レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. 島ニンジンのやみつきカレーソテーレシピ*ヨーグルトソース付き♪

  2. ♬レシピ動画♬鍋・火・茹で不要!レンジでかぼちゃのクリームパスタ【管理栄養士レシピ】

  3. ♬レシピ動画♬豚キムチ蒸し

ピックアップコラム

  1. 【腸活コラム】子供の便秘の理由と改善方法~子どもの便秘が増加中?!~

  2. 子どものためのブレインフード~脳・心・身体に良い食べ物~

  3. 甘いものがやめられない女性のための発酵あんこの健康効果と作り方【薬剤師コラム】