栄養素別

ビタミンたっぷり**パプリカ黒酢チャーハン**

調理時間
15分
費用目安
400円前後

美肌やアンチエイジング、免疫力向上など、抗酸化作用抜群な【ビタミンACE】が豊富に含まれているパプリカ。
ビタミン
Cは熱に弱いのですが、パプリカに関しては加熱してもビタミンCが壊れにくい!
油と一緒に摂ることにより
βカロテンの吸収率が高まる&炒めることで甘くなるので加熱調理もおすすめです。
大葉もまた
βカロテン(体内でビタミンAになります)の含有量は野菜の中でもトップクラス。お肌や粘膜の強化など、風味豊かな大葉には嬉しい効能がたくさん!
また、黒酢に含まれる豊富なアミノ酸は代謝を促し血液もサラサラにしてくれます。

黒酢のコクとまろやかな酸味でさっぱりと食べられるカラフルな*パプリカチャーハン*
お酢と大葉の殺菌作用&カラフルでかわいいので、お弁当にもぜひ!

材料(3~4人分)

材料
分量
パプリカ(赤・黄どちらでも)
1個
ご飯
3膳分
ツナ缶
1個
大葉
5~6枚
黒酢
大さじ2
ゴマ油
大さじ2
昆布茶(または無添加顆粒だし)
小さじ1
塩こしょう
適量

手順一覧

1

パプリカはみじん切り、大葉は千切りにする。ツナ缶の油はきっておく。

2

フライパンにゴマ油大さじ1をひき、みじん切りにしたパプリカを炒める。
しんなりしてきたら、別皿にとっておく。

3

フライパンにゴマ油大さじ1をひき、ご飯を炒める。
火が通ってきたら、油を切ったツナ、先ほど炒めたパプリカ、黒酢、昆布茶を加え混ぜる。
お好みで塩こしょうで味を整え、火を止める。

4

千切りにした大葉を散らし、ざっくり混ぜ合わせる。

ポイント

黄、赤、オレンジ・・パプリカのカラフルないろ。
実は色によって栄養価・効能が違ってきます。

ビタミン類が豊富なのは共通していますが
赤はカプサイシンの効能で血行促進や代謝促進
黄はビタミンCやルテインが豊富で美肌や目の健康維持
オレンジは赤と黄、両方の特徴をバランスよく合わせもつ などの特徴があります。

栄養価で選ぶのはもちろん その日の気分、好きなカラーで選んでみるのも楽しいですね!

– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. 石狩鍋*郷土料理<北海道レシピ>

  2. カジキのソテー カラフル野菜ソース☆

  3. 春野菜のそば粉ガレット<ブルターニュ料理>【管理栄養士レシピ】

  4. アマゴの蒸し姿寿司*もち麦入り

  5. イワシのちぎりトルティーヤ♪節分やおつまみにも

♬レシピ動画♬

  1. 島野菜フーチバー(ニシヨモギ)の万能ジェノベーゼソース♪レシピ動画♪

  2. 島野菜フーチバー(ニシヨモギ)とタンカンの簡単マフィンレシピ動画♪

  3. ♬レシピ動画♬ふわふわ食感の雲パン♡

ピックアップコラム

  1. 食の情報発信時のポイントと保健機能食品における表現方法例

  2. 外出自粛時・防災のための食材保存と活用レシピ【管理栄養士コラム】 

  3. 甘いものがやめられない女性のための発酵あんこの健康効果と作り方【薬剤師コラム】