お正月のお餅が残っていたら、ぜひ作りたい揚げ出し餅。そのまま軽食になるだけでなく、こんな風に季節の野菜を添えれば普段のおかずとしても美味しくいただけます。

今回添えたのは、春の香りを呼ぶせり。旧暦に基づく春の七草にも数えられているせりは、ちょうどこれからの時期に旬を迎える栄養豊富な野菜です。ビタミンCやβ-カロテンを含み、寒い季節に免疫力をアップさせる効果や風邪予防効果などが期待できます。
トロトロのなめこと合わせれば、のどや鼻の粘膜を守ってくれるので、花粉症対策にもぴったりです。

さっと火を通した大根おろしの甘みとみずみずしさ、とろっとやさしい味わいのなめこ、そして香りの良いシャキシャキのせりが、カリッと揚げ焼きしたお餅にからんで最高に美味しい揚げ出し餅。せりが旬を迎えるこの季節に、ぜひ楽しんでみてください。

材料(2~3人分)

材料
分量
切り餅
3個
大根おろし
3/4カップ(大根5~6cm分)
なめこ
1パック(70~100g)
せり
1束
大さじ1
【A】だし
1カップ
【A】醤油
大さじ1
【A】本みりん
小さじ2

手順一覧

1

切り餅は縦半分に切る。なめこは石突きがあれば切り落として食べやすく分ける。
せりは熱湯にくぐらせてざるに上げ、すぐに水にとって色止めする。あら熱がとれたら水気をしぼって食べやすく切っておく。

2

フライパンに油を熱して切り餅を並べ、中弱火で各断面1分くらいずつこんがりと揚げ焼きする。バットに上げて油を切って、先にうつわに入れておく。

3

小鍋に【A】を煮立ててなめこを入れる。再び煮立ったら大根おろしを加え、再度煮立ったら火を止める。

4

餅の入ったうつわに3.を注いで入れていただく。

ポイント

●せりは香りと食感を活かすため、熱湯にさっとくぐらせたらすぐに水に取ります。加熱時間が短い方が栄養も逃げにくいのでおすすめです。また、せりは根っこも食べられるので、天ぷらや汁物などに使うと余すところなくいただけます。

●なめこも大根おろしも火が通りやすいので、あまり長くは煮ないで余熱で仕上げます

PR

おすすめ!?レシピ

  1. 鶏ささみの米粉スティックからあげ♪新玉ねぎソース【料理/食文化研究家レシピ】

  2. シイタケのきんぴらおにぎり*丸ごと活用サステナブルレシピ♪

  3. かぼちゃの米粉シフォンケーキ♪小麦・乳・バター不使用ハロウィンレシピ

  4. 豆乳ヨーグルトケーキ 発酵フルーツソースがけ*腸活レシピ

  5. 菜の花の豆乳クリームパスタ【管理栄養士レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. 島かぼちゃの簡単ムース♪材料3つ島野菜スイーツレシピ動画

  2. 島野菜モーウイ(赤毛瓜)×さば缶のスパイシーカレー炒め♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

  3. 島野菜フーチバー(ニシヨモギ)とタンカンの簡単マフィンレシピ動画♪

ピックアップコラム

  1. 様々な冬野菜の栄養とおすすめの食べ方~旬の時期に食べたい!お薦めレシピ~

  2. アスリート・スポーツ選手・スポーツをする方向けの食事・栄養素【管理栄養士コラム】

  3. 春薬膳から学ぶ*旬の食べ物を選ぶポイント3選【国際薬膳師コラム】