沖縄の海藻 生もずくは今が旬!
パック入り三杯酢の味付きもずくは定番ですが、この時期に出回る生もずくは、シャキシャキ感があって美味しい
今回は、生もずくを使用した簡単和え物をご紹介します。

アボカドの主な栄養素は、体内の生体膜に存在するビタミンEが含まれ、老化防止を助ける働き、生もずくの主な栄養素は、水溶性食物繊維のフコイダンが含まれ、健康維持が期待されています。
そのまま食べても良いですが、パンやサラダにトッピングしてもおススメですよ♪
切って混ぜるだけの簡単レシピ。是非試してみてくださいね!

(1人分の栄養価:エネルギー137Kcal たんぱく質1.9g 脂質13.1g 炭水化物7g 食物繊維4.6g 食塩相当量0.3g)
アボカドともずくの簡単和えもの栄養価計算表

材料(2人分)

材料
分量
アボカド
1個
もずく(生)
20g
シークワサー果汁orレモン果汁
小さじ1
A.にんにく(すりおろし)
1片分
A.めんつゆ
小さじ1
A.塩
少々
A.細ネギ(小口切り)
大さじ1

手順一覧

1

アボカドは、半分に切り、皮と種を取り除き、一口大に切りボールに入れぜフォークの裏で半分潰し、シークヮーサーを回しかけ混せる。

2

生もずくは、さっと洗い、ざく切りにし、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取る。

3

アボカド1.のボールに、2.Aを加え、混ぜ合わせ器に盛って出来上がり♪

ポイント

★もずくはしっかり水気を拭き取ると、水っぽさがなく美味しく仕上がります。
★アボカドは完熟寸前(少し柔らかい)のものを使用すると、潰しやすく、もずくと絡みやすくなります。

ミニコラム

沖縄のモズクの特徴とは!?

沖縄のモズクは、沖縄方言で【スヌイ】と呼ばれ、ヌメリがあり、太くてシャキシャキ感があります。また、100g中7kcalと低カロリーで、色々な料理にも組み合わせやすいのが特徴です。海の中などで養殖し、4月~6月が美味しい時期なので、生もずくを見かけたら取り入れてみてくださいね♪

もずくコラム・レシピ

腸内環境をととのえてくれる♪ヘルシー食材「もずく」について、栄養素など食のポイントをご紹介しているコラムです!


もずくレシピはこちらもどうぞ♪


PR

おすすめ!?レシピ

  1. ビスク海のハロウィン【みんなのレシピ】

  2. ライ麦パンでエッグベネディクト【管理栄養士レシピ】

  3. 厚揚げの胡麻味噌さっぱりサラダ*素材の食感が楽しめる♪【減塩アイディアレシピ】

  4. 豆腐のショコラテリーヌ♡【管理栄養士レシピ】

  5. ズッキーニの豚ロース巻き♪ニンニク塩だれで食欲そそる!

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬簡単・時短バンバンジー

  2. 島野菜サクナ(長命草)とパインの二色スムージー♪レシピ動画♪

  3. スターフルーツと玉ねぎの和洋折衷サラダ♪星型が可愛い簡単レシピ動画食べ方付き

ピックアップコラム

  1. 今、話題の栄養素!ビタミンD【管理栄養士コラム】

  2. 離乳食を作る際に意識したいポイント・レシピ例・注意点【管理栄養士コラム】

  3. 夏に食べたい食欲をそそるおすすめ食材【料理・食文化研究家コラム】