コ-co-ラボレシピ

かちシブイ(冬瓜)〈沖縄県レシピ〉□栄養表示□

料理地域
沖縄
沖縄食材
シブイ、シークワーサー汁、サクナ

今回のレシピは、沖縄県農林水産物総合情報発信事業【くゎっちーおきなわ】よりシブイ』とシブイの皮を器にしたかちシブイレシピをご紹介します☆

シブイ
冬まで保存がきく瓜という意味の冬瓜(和名:とうがん)であり、沖縄方言でシブイと呼んでいます。アジアの熱帯地方が原産で、日本には5世紀頃中国を通して朝鮮半島から伝来し、栽培されるようになりました。シブイは沖縄料理の定番食材であり、味は淡白でさっぱりしてます。

■栄養成分の特徴■(可食部100g当たり)
シブイは、96%が水分の低カロリー食材ですが、ビタミンC(39.0mg)やカリウムが豊富です。また利尿作用があると言われています。

■選び方・保存法のポイント■
重量感のあるものを選びます。風通しのよいところで保存しましょう。余ったトウガンは、ラップでくるみ、冷蔵庫で保存します。

かちシブイは、とうがんを冷やし日中の暑い時に、竹で薄くこそぎ甘酢で調味した和え物で、そのヒンヤリとして甘酸っぱい風味が涼感をもたらし、暑い沖縄独特の食べ方として人気が高い料理です。是非、ご賞味くださいね☆「うさがみそーれ!」(沖縄方言:お召し上がりください)

材料(4人分)

材料
分量
シブイ
300g
大さじ5
砂糖
大さじ2
ミニトマト
5個
シークヮーサー汁
1個分
サクナ
20g
1つまみ
適宜

手順一覧

1

とうがんをふたつ割にして中の種子をとり、実を竹でこそげ取る。

2

削り取ったとうがんは、薄い塩水で洗って絞る。

3

甘酢(酢大さじ5、砂糖大さじ2)を作り、2.をとうがんの器に入れて、シークヮーサー汁を入れてつけ込む。

4

サクナを千切りにして水にさらしてから絞り、とうがんと混ぜ上にミニトマトと一緒に飾る。

5

冷蔵庫で冷やす。

栄養素量(一人あたり)

かちシブイ栄養素量表

島野菜コラム

夏の時期や通年手に入る島野菜については、こちらのコラムもどうぞご覧ください♪栄養素や保存方法、レシピ等ご紹介しています!

PR

おすすめ!?レシピ

  1. 紅いもご飯〈沖縄県レシピ〉□栄養表示□

  2. 醤油麹の筑前煮レシピ*お肌とお腹をととのえる♪

  3. ジューシー手羽元ローストチキン♪漬けて焼くだけ!【料理/食文化研究家レシピ】

  4. タラの香味天ぷら【管理栄養士レシピ】

  5. 疲労回復レシピ・オイルサーディンとひじきの簡単洋風炊き込みご飯【管理栄養士レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. モリンガパウダーの米粉フィナンシェレシピ動画*贈り物にも♪

  2. 島野菜*田芋(ターンム)で大人な生チョコくるみ入り♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

  3. 島野菜ンスナバー(フダンソウ・スイスチャード)の簡単カラフルナムル♪レシピ動画

ピックアップコラム

  1. 薬膳から学ぶ*冬の体と食と健康3つのポイント【国際薬膳師コラム&レシピ】

  2. 外出自粛時・防災のための食材保存と活用レシピ【管理栄養士コラム】 

  3. フルーツで感じる季節・ヨーロッパの四季【料理/食文化研究家コラム】