調理時間
10分(水抜き時間除く)
主な食材
ニガナ、豆腐、アーサ

ンジャナバー(ニガナ)は『和名ホソバワダン』と言い、沖縄伝統野菜28品目の一つ
琉球王朝時代から薬草として親しまれてきた、今でもよく食べられている野菜で、独特の苦味は後を引く美味しさです。

使用する水切りした「島豆腐」は、旨味がぎゅっと凝縮されて、ンジャナバーの苦味と合わさると美味しい沖縄ハーモニーを奏でます♫
もう一役欲しいなと思って加えた県産のアーサは、お水で戻すととても綺麗な薄い緑色。
所々に見えるンジャナバーの濃いグリーンとのグラデーションに、海からの旨味もプラス

そのままでも美味しいですが、今回はオリーブオイルとパルメザンチーズ、ミニトマトと合わせて少し洋風に仕上げています。
いつもと違う、少し大人で見た目も鮮やかな白和えをどうぞ♪

材料(小鉢2~3個分)

材料
分量
島豆腐(木綿豆腐150gでも可)
半丁
ンジャナバー
6枚程
アーサ(乾燥)
2g
プチトマト
6個
白いりごま
大さじ2
☆白味噌
大さじ1/2
☆塩
小さじ1
☆薄口しょうゆ
小さじ2
☆オリーブオイル
大さじ1
パルメザンチーズ
大さじ1

手順一覧

1

島豆腐をキッチンペーパーで包み重石をして3時間程置き、水抜きする。
*レンジ500w約3分でも可

2

ンジャナバーを綺麗に洗って細い千切りにする。葉柄を入れる場合は細かく切る。
*葉柄は葉よりも苦味が強いです

3

切ったンジャナバーを冷水にしばらく浸しアクを抜く。
*水に漬ける事でンジャナバーの苦味を抑える事が出来ます

4

乾燥アーサを水で戻しておく。

5

すり鉢に白いりごまを入れて、する。

6

残りの調味料☆をすり鉢に入れて、更に水切りをした島豆腐を入れて一緒にする。

7

すった材料をボウルに移し、水気をよく切ったンジャナバーとアーサ、食べやすく切ったプチトマトを入れ混ぜ合わせる。

8

(お好みで)パルメザンチーズを振りかけ、お皿に盛りつけたら出来上がり♪

ポイント

白味噌は、漂白等のための添加物が入っているものがあります。原材料表示を見て、お選びくださいね。

おすすめ!?レシピ

  1. 小玉じゃがいものポテトサラダ♪たっぷりパセリ&レモン入り!

  2. 白魚のかき揚げ(しらうおのかきあげ)*郷土料理<島根県レシピ>

  3. 果物の皮も有効活用!旬の果物ぶどうとりんごの二層ゼリー♪【みんなのレシピ】

  4. フーロー豆のふわふわ卵スープ〈沖縄県レシピ〉

  5. アーモンドミルクのグリーンスムージー

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬簡単・時短豚もやし

  2. ♬レシピ動画♬鍋・火・茹で不要!レンジでかぼちゃのクリームパスタ【管理栄養士レシピ】

  3. ♬レシピ動画♬ブロッコリーとアンチョビのベーグルサンド

ピックアップコラム

  1. 離乳食を作る際に意識したいポイント・レシピ例・注意点【管理栄養士コラム】

  2. フルーツで感じる季節・ヨーロッパの四季【料理/食文化研究家コラム】

  3. 『アトピー性皮膚炎』と栄養アプローチ【栄養カウンセリング事例・薬剤師コラム】