食材・スーパーフード別

秋の味覚サンマときのこのカルパッチョ♪梅風味レシピ

秋の味覚「秋刀魚」!生の秋刀魚を味わえる期間は9月~10月頃です。

秋刀魚と言えば、定番の塩焼きも最高で鮮度が良ければお刺身やなめろうなども美味しいですが、今回は旬のきのこと合わせ、食欲そそる梅風味のカルパッチョを作ってみました。

脂ののった秋刀魚に梅風味がとても合い、前菜としてもGood!
おもてなしや、お酒・ワインのお供に、食卓に並べてみてはいかがでしょうか。

皆さんも旬の秋刀魚を堪能してみてくださいね♪

材料(4人分)

材料
分量
A.秋刀魚(大):刺身用
2尾
B.椎茸のかさ(スライス)
2枚
B.しめじ
1/2株
B.えのき
1/2株
B.白ワイン
大さじ1
C.パプリカ(赤・黄、スライス)
各15g
C.松の実(出来れば乾煎り)
大さじ1と1/2
<カルパッチョソース>
 
★オリーブオイル
大さじ2
★酢
大さじ1
★濃口醬油
大さじ1と1/3
★梅干しの実(ねり梅の場合:大さじ1~1と1/2)
1~2個

手順一覧

1

A.の秋刀魚を三枚におろし、腹骨をそぎ取り、小骨を取り除き、皮を引き、1cm幅に切ったらお皿に盛り付け、お皿ごと冷蔵庫で冷やしておく。

2

耐熱ボウルにB.の椎茸、しめじ、えのき、白ワインを入れ、ふんわりとラップし、電子レンジ(600W)で2分30秒加熱する。加熱後あら熱を取っておく。

3

ボウルに、C.パプリカ(スライス)、松の実、★を入れて混ぜ合わせて、粗熱を取った2.を加えて味を調える。

4

1.を冷蔵庫から取り出して、3.のカルパッチョソースをかけたら出来上がり。

豆知識

・秋刀魚は、新鮮であれば、塩焼き等で十分に火を通せば、内臓も美味しくいただくことができ栄養も豊富です。
・秋刀魚には鱗があります。水揚げされる際に秋刀魚同士がこすれあいほとんどの鱗は取れてしまいますが、お刺身や生で食べる時には、綺麗に取り除くことをお勧めします(塩焼きなど加熱調理であれば多少の鱗が残っていてもあまり気になりません)。

– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. 甘酒と豆乳のフレンチトースト*

  2. 豚こま肉と厚揚げのカレーチーズ焼き【管理栄養士レシピ】

  3. カジキのソテー カラフル野菜ソース☆

  4. 島野菜♪青パパイヤのエスニックサラダレシピ*ひき肉入りでおかずにも

  5. 炊飯器で作る簡単おはぎレシピ

♬レシピ動画♬

  1. モリンガパウダーの米粉フィナンシェレシピ動画*贈り物にも♪

  2. 島野菜シマナー(からしな)で*ご飯が進むお惣菜レシピ動画♪

  3. ♬レシピ動画♬ふわふわ食感の雲パン♡

ピックアップコラム

  1. 夏に食べたい食欲をそそるおすすめ食材【料理・食文化研究家コラム】

  2. 様々な冬野菜の栄養とおすすめの食べ方~旬の時期に食べたい!お薦めレシピ~

  3. 『アトピー性皮膚炎』と栄養アプローチ【栄養カウンセリング事例・薬剤師コラム】