コ-co-ラボレシピ

フーイリチー〈沖縄県レシピ〉

料理地域
沖縄
主な食材
シマナ―(カラシナ)、車麩

今回のレシピは、沖縄県農林水産物総合情報発信事業【くゎっちーおきなわ】より『シマナ―』『車麩』を使ったフーイリチーレシピをご紹介します☆

『シマナー』
沖縄でシマナー(島菜)と呼ばれているカラシナは古くから沖縄で親しまれている野菜で、原産地は中央アジア、沖縄へは中国から伝わったといわれています。
シマナーを塩漬けしたものをチキナーといい、沖縄では豆腐などと一緒に炒めて食べられています。
からしな(和名)のとおり独特の辛味が特徴です。辛味がきつい場合は塩漬け(チキナー)や、湯通しすると辛味が和らぎます。色もよく柔らかくなるので和え物やサラダに最適です。

■栄養成分の特徴■(可食部100g当たり)
ビタミンA(カロテン:2150.0 μg)、カルシウム(132.0 mg)、カリウム、鉄分(4.05 mg)を多く含んでいます。また、ビタミンB2(0.14 mg)、ビタミンC(68.0 mg)も豊富です。

■選び方・保存法のポイント■
濃い緑色をして、葉のギザギザまでピンと張りのある生き生きとしたものを選びましょう。ただし大きく成長したものは硬くすじばっていることがあるので、なるべくホウレン草ぐらいの小ぶりなものを選ぶのがポイントです。保存する場合は、新聞紙などに包んで冷蔵庫へ。もしくは早めに塩漬けにしましょう。

フーイリチーレシピ!是非、ご賞味くださいね☆「うさがみそーれ!」(沖縄方言:お召し上がりください)

材料(2人分)

材料
分量
車麩
2本
人参
40g
シマナー
100g
2個
ポーク(缶)
100g
小さじ1/2
旨味調味料
少々
サラダ油
大さじ3
小さじ1/2
しょうゆ
少々

手順一覧

1

麩は水にくぐらせた後水気を絞り、一口大にちぎる。人参、ポークは短冊に切り、シマナーは塩もみして細かく切る。

2

ボールに卵を割りほぐして塩、旨味調味料を加え、1.の麩を入れて卵をなじませる。

3

フライパンに油を熱し、麩を薄く焦げ色がつくまで炒めて取り出し、次に人参とシマナー、ポークを炒め、麩をもどし入れて塩で調味する。

PR

おすすめ!?レシピ

  1. 釜揚げしらすとくり抜きトマトのオムレツ風♪

  2. オートミール胡麻ポリッジ(お粥)【みんなのレシピ】

  3. 泡盛に合うおつまみ♪豚の甘辛煮【沖縄料理研究家レシピ】

  4. 沖縄そば風かつお出汁にゅうめん:脂質カット【管理栄養士レシピ】

  5. 鮎めし(あゆめし)*郷土料理<栃木県レシピ>|

♬レシピ動画♬

  1. 焼きヤマン(だいじょ)のわさび醤油サラダレシピ動画*沖縄島野菜♪

  2. 鮭のソテー*イーチョーバー(フェンネル)爽やかサワーソース♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

  3. 島野菜*田芋(ターンム)で大人な生チョコくるみ入り♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

ピックアップコラム

  1. 『アトピー性皮膚炎』と栄養アプローチ【栄養カウンセリング事例・薬剤師コラム】

  2. ヘルシーなのに満たされる食事のポイントとは?ダイエット中の方は必見!【薬剤師コラム】

  3. 薬機法など関連法令を踏まえた食の情報発信時のポイントと気を付けたい表現