五感別

たっぷりきのこと焼きねぎの欧風味噌汁♪少なめ味噌でもOK【料理/食文化研究家レシピ】

調理時間
15分

空気の中にも秋の気配が感じられるようになってくる季節。そろそろきのこ類も手頃な値段で美味しいものが出てきますよね。

今回ご紹介するのは、きのこの旨みと焼いたねぎの香りが食欲をそそる塩分控えめなお味噌汁

欧風料理の手法をとり入れながら、きのことねぎの旨み・甘みを存分に引き出して作るので、お味噌は通常の味噌汁の半分以下の量でも食欲をそそる味わいに仕上がります。

きのこは酒で炒りつけることで、クセを取りつつ旨みを凝縮させて。オイルでこんがりと焼いたねぎからは、奥深い風味ととろける甘みを。仕上げに加える少量の粉チーズでさらに複雑な味わいが加わりますよ。

食材ひとつひとつを引き立たせながら作るお味噌汁は、夏の暑さに疲れた体にもほっとする美味しさを届けてくれるはず。季節の変わり目にも嬉しい一品、ぜひご賞味ください♪

材料(3人分)

材料
分量
しめじ
1/3袋(60g)
えのきたけ
1/4袋(50g)
長ねぎ(白い部分)
1/2本
オリーブオイル
小さじ1/2強
小さじ2
だし汁
500ml
味噌
小さじ2~大さじ1
粉チーズ
適量

手順一覧

1

長ねぎは2~3cm長さに切る。
しめじは、石突きを切り落として食べやすく小房に分ける。
えのきたけも石突きを切り落とし、長さを3等分に切る。

2

鍋にオリーブオイルを熱して、長ねぎを焼く。中火でこんがり焼き色がつくまで焼いたら一旦取り出す。

3

同じ鍋にしめじとえのきたけを入れて酒を振り、中火できのこの水分が出るように炒りつける。さらに薄く焼き色がつくまで、時折混ぜながら加熱する。

4

3.にだし汁と長ねぎを入れ、弱めの中火(汁面がわずかに揺れる程度)で、長ねぎが好みのやわらかさになるまで5~10分煮る。

5

火を止めて味噌を溶き入れ、椀に注ぐ。粉チーズをお好みの量ふったら出来上がり♪

ポイント

●きのこはあまり触らずに、一旦水分を引き出して少し色づく程度まで炒りつけると味が濃くなります。長ねぎも、オイルで焼くことでコクが増し、その後煮てもまろやかで深い味わいに仕上がります。

●だし汁を注いで長ねぎを戻し入れたら、弱めの火加減でゆっくりと煮ると野菜の旨みが汁にもしっかり溶け出します。味噌を溶き入れる時は、風味が飛んでしまわないよう火を止めておくと安心です。

PR

おすすめ!?レシピ

  1. じゃがいもとツナの揚げないスコップコロッケ【料理/食文化研究家レシピ】

  2. 白えび素干だしのそうめん(しろえびすぼしだし)*郷土料理<富山県レシピ>

  3. ミニトマトのコンポート・非常食活用レシピ【管理栄養士レシピ】

  4. 柚子香る お祝い前菜二種*簡単和えるだけ【料理/食文化研究家レシピ】

  5. 冬瓜(シブイ)と手羽先の身体に優しいスープ【管理栄養士レシピ】

♬レシピ動画♬

  1. 焼きヤマン(だいじょ)のわさび醤油サラダレシピ動画*沖縄島野菜♪

  2. 島ニンジンのやみつきカレーソテーレシピ動画*ヨーグルトソース♪沖縄島野菜

  3. 島野菜ンスナバー(フダンソウ・スイスチャード)の簡単カラフルナムル♪レシピ動画

ピックアップコラム

  1. 琉球菓子の魅力・種類-現代の沖縄に伝わる-【沖縄料理研究家コラム】

  2. 今、話題の栄養素!ビタミンD【管理栄養士コラム】

  3. かみにくい・飲み込みにくい方向けの食事【管理栄養士コラム】