今回ご紹介するのは、洋菓子店やホテルで販売されているような本格的な味が楽しめるスイートポテトレシピです。

さつまいもは、皮付きのまま丸ごと焼く事で水分がしっかり飛び、でんぷんが糖に変わり甘みが凝縮されより美味しくいただけます。
お好みでシナモンやラム酒を加えると、一気に大人なお味に。

食物繊維を多く含むさつまいもで、美味しいスイートポテト♪
こどもおやつや、ティータイムにぜひお召し上がりください。

*オーブンでスイートポテトを焼く際に、さつまいもの皮を下に敷くことで、クッキングシート等を使わずに焼くことができます。
*焼き芋の残りを使う場合は、一番下に記載している材料をご参考に作ってみてくださいね。

材料(約8個分)

材料
分量
さつまいも
550g
バター
40g
グラニュー糖または上白糖
80g
卵黄
1個
生クリーム
約30cc
バニラエッセンス
適量
卵黄:塗り卵(つやだし)用
少量
白ワイン:塗り卵(つやだし)用
適量
シナモン、ラム酒等
お好みで

手順一覧

1

【下準備】
バターを常温で戻す。ボウルに卵黄と白ワインを入れて混ぜ合わせ、塗り卵を作っておく。

2

さつまいもを軽く洗い、タオルなどで水気を拭き取る。

3

200度に予熱済みのオーブンで、40~60分程焼き、粗熱をとる。

4

3.を縦半分に切り、皮の部分を残し中身を取り出す。取り出した中身を裏ごしして、冷蔵庫で冷やす。

5

ボウルに、バター、グラニュー糖を入れて良く混ぜ合わせ、卵黄→生クリーム→バニラエッセンスの順番に加え、混ぜていく。4.を加えて、さらに混ぜ合わせる。

6

5.をアイスディッシャー等を使い、アルミバットやオーブン耐熱用の鉄板等に並べ(※)、木べらとさらしを使い形をととのえて、上から塗り卵を塗る。
(※)さつまいもの皮を下に敷くことで、クッキングシート等を使わずに焼くことができます

7

200℃に予熱済みのオーブンで、約20分、焦げ目が付くまで焼けたら出来上がり。

豆知識

【選び方】
サツマイモを選ぶポイントは「太くずんぐりとした形で重みがあり、皮の色が鮮やかな物で凸凹が無くひげの無いもの」がおすすめです。
【一般的な保存方法】
寒さに弱いので表面をよく乾かしてから新聞紙に包み、ダンボール箱などに入れ常温保存。
【農家さんの保存方法&我が家の保存方法】
さつまいもを栽培しておりますが、寒さに弱いので土付きの状態で3~4日表面を乾かしてから、発泡スチロールの箱又はダンボール箱などにもみ殻を入れその中にさつまいもを入れて常温保存しています。
【植え付け】
腐るのを防いでいれば、さつまいもを植え付ける季節に芽を出しますので、植え付けも出来ますよ。

材料(焼き芋で作る場合)

材料
分量
焼き芋の残り(この場合2個分作れます)
100g
バター
10g
グラニュー糖または上白糖
20g
卵黄
少量
生クリーム
約8cc
バニラエッセンス
適量
卵黄:塗り卵(つやだし)用
少量
白ワイン:塗り卵(つやだし)用
適量
シナモン、ラム酒等
お好みで
– PRが含まれています-

おすすめ!?レシピ

  1. チョコレートチーズケーキ♪濃厚&なめらか【管理栄養士レシピ】

  2. いろいろきのこの豆乳みそ汁【管理栄養士レシピ】

  3. 気持ちを安らげるミントグリーンティー

  4. 島野菜ゴーヤーの爽やかスムージーレシピ♪美味しく作れる黄金比*

  5. えんどう豆の豆ご飯レシピ*豆のうま味と香りが楽しめる♪

♬レシピ動画♬

  1. 島野菜シマナー(からしな)で*ご飯が進むお惣菜レシピ動画♪

  2. 島野菜フーチバー(ニシヨモギ)の万能ジェノベーゼソース♪レシピ動画♪

  3. 鮭のソテー*イーチョーバー(フェンネル)爽やかサワーソース♪レシピ動画【沖縄料理研究家レシピ】

ピックアップコラム

  1. 甘いものがやめられない女性のための発酵あんこの健康効果と作り方【薬剤師コラム】

  2. 乾燥肌の予防と対策・必要な栄養素とは?【薬剤師コラム】

  3. フルーツで感じる季節・ヨーロッパの四季【料理/食文化研究家コラム】