陽射しが眩しい夏。
気温は上がり、私たちのカラダも強い暑さを感じ、汗をよくかきます。
カラダに熱がこもると、夏バテや夏の体調不良の原因にもなります。

そこで夏バテ予防に薬膳の力をかりてみませんか
薬膳では、自然と共に生活する私たちの体調を、食事を通して整えます。
気温が高く、汗をよくかく夏には、カラダの熱を冷まし、カラダの外にでた水分を補う食べ物を選ぶことでカラダのバランスを整えます。

今回はカラダの熱を冷ます「ゴーヤー」とカラダを潤す「豚肉」をつかった薬膳料理レシピです。
黒酢をつかってさっぱり仕上げているので、夏バテで食欲がないときにもおすすめです。

夏祭りや夏の風物詩の花火など心躍るイベントも多くあるので、思いっきり夏を楽しむためにも食を通してカラダのメンテナンスをしていきたいですね!

材料(4人分)

材料
分量
豚こま切れ肉
300g
ゴーヤー(大)
1本
A.黒酢
大さじ2
A.めんつゆ(2倍濃縮)
大さじ2
A.砂糖
大さじ1
サラダ油
適量
適量
こしょう
適量
片栗粉
適量

手順一覧

1

ゴーヤーは半分に切り、種とワタの部分をスプーンで取り除き、スライスする。

2

A.の調味料を混ぜ合わせる。

3

豚肉に塩・こしょうをして味をなじませ、片栗粉をまぶす。

4

フライパンに油を入れ温め、3.の豚肉を中火で炒める。

5

豚肉に火が通ったら1.のゴーヤーを入れて、2~3分中火で炒める。

6

ゴーヤーが好みの固さになったら、2.の調味料を入れて味をなじませて完成♪

ポイント

・豚肉に片栗粉をまぶすことで、味がなじみやすくなります。
・ゴーヤーの炒める時間は、しゃきしゃきした食感を残したい方は2~3分ですが、柔らかめが好きな方は、調味料を入れてから長めに火にかけると、味もなじみ、ゴーヤーも柔らかくなります。

薬膳メモ

<六味(食材自体がもつ味)・五気(食材がもつ性質)・帰経(食材が働
きかける臓腑)>

■ゴーヤ ー<苦・寒・心、脾、胃>
⇒カラダの熱を取り、渇きを止める
■豚肉 <甘、鹹・平・脾、胃、腎>
⇒乾燥を潤し、陰を補う

おすすめ!?レシピ

  1. 行楽シーズンのフィンガーフード3種♪シーフードの旨みたっぷり!【料理/食文化研究家レシピ】

  2. モズク入り紅芋まんじゅう*中華風甘酢あんかけ〈沖縄県レシピ〉□栄養表示□

  3. 菜の花の豆乳クリームパスタ【管理栄養士レシピ】

  4. 夏野菜♪パプリカムースのコンソメゼリー添え

  5. 夏野菜うどん♪冷やしおでんアレンジ【みんなのレシピ】

♬レシピ動画♬

  1. ♬レシピ動画♬簡単・時短バンバンジー

  2. ♬レシピ動画♬時短♪キャベツの豚バラ巻き

  3. ♬レシピ動画♬ベーコンマスタードパイ*おやつやおつまみにも♪

ピックアップコラム

  1. 【腸活コラム】赤ちゃんの腸のベースをつくる4つのポイント

  2. 外出自粛時・防災のための食材保存と活用レシピ【管理栄養士コラム】 

  3. 『過食症-摂食障害』ー栄養カウンセリング・食の悩み相談事例【薬剤師コラム】